wp_get_loading_optimization_attributes

説明

array wp_get_loading_optimization_attributes( string $tag_name, array $attr, string $context )
ローディング関連の最適な属性を取得する。

パラメータ

  • $tag_name
    タグ名('img'、'iframe')を指定。
  • $attr
    各属性を格納した連想配列を指定。
  • $context
    使用場所を示すコンテキストを指定。

返り値

ローディング関連の最適な属性を格納した連想配列を返す。パラメータ$contentが'template'か、$tag_nameが'img'または'iframe'以外か、$attrに'width'および'height'キーがない場合は空の配列を返す。


注意

img要素やiframe要素向けにローディング関連の最適な属性を取得する際に使用する。

パラメータ$attrの'loading'キーに'lazy'が、'fetchpriority'キーに'high'の両方を格納されている場合、警告メッセージが表示される。

パラメータ$attrの'loading'、'fetchpriority'の値、呼び出された画像ファイル数、$context、特定アクションの実行中・実行後などが影響する。

$contextの内容により、'wp_min_priority_img_pixels'フィルターの返り値と$attr['width'] * $attr['height']が比較され、後者が大きい(以上)の場合はカウントを進める。そのカウントは wp_omit_loading_attr_threshold関数の返り値と比較され、fetchpriorityキー(値が'high')を適用する際の条件の1つとなっている。

wp_lazy_loading_enabled関数がfalseの場合、本関数の返り値の連想配列から'loading'キーが取り除かれる。


使用例

  • ローディング関連の最適な属性を取得する
    $loading_attr = wp_get_loading_optimization_attributes( 'img', $attr, 'the_content' );

フィルター

[6.3.0]いくつかの条件下で'wp_min_priority_img_pixels'フィルターを呼び出す。パラメータ$thresholdには初期値50000が格納されている。
$wp_min_priority_img_pixels = apply_filters( 'wp_min_priority_img_pixels', $threshold );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

最終更新 : 2023年08月11日 17:31



お勧め

oEmbed対応サイトを整理した(2023年8月9日 更新)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

5.3の機能強化:ナビゲーションにaria-label属性が追加される(2019年9月26日 更新)

先日「WordPress 5.3 Beta 1」が投稿され、アップデート内容は多い感じ。さっそく開発環境にインストールしてみると、管理画面全体の見た目が変わり、ブロックエディターが進化した印象である。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2018年5月27日 更新)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月14日 更新)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2021年4月26日 更新)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。