wp_get_object_terms

(2.3.0以降)
wp_get_object_terms - 投稿記事などのタクソノミー情報を取得する

説明

mixed wp_get_object_terms( mixed $object_ids, mixed $taxonomies [ , array $args = array() ] )
投稿記事などのタクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $object_ids
    投稿記事などのオブジェクトID(数値)を指定。複数指定する場合はその配列を指定する。
  • $taxonomies
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定。複数指定する場合はその配列を指定する。
  • $args
    取得するタクソノミー情報の条件を連想配列で指定(省略時はarray())。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、term_order、noneなど(省略時は'name':名前)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    fields取得する項目を示すall、ids、names、all_with_object_idなど(省略時はall)

返り値

マッチしたすべてのタクソノミー情報が格納された配列を返す。パラメータ$taxonomiesで指定された名前が無効な場合などのエラー時にはWP_Errorのオブジェクトを返す。タクソノミー情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
object_idintオブジェクトID(投稿IDなど)※'fields'で'all_with_object_id'指定時のみ

注意

この関数は、wp_get_post_terms関数などから呼び出されるなど、同系列の関数の中では低レベルの関数となる。オブジェクトIDを複数指定できるほか、カテゴリー情報と投稿タグ情報を同時に取得できる。

使用例

  • 投稿IDが1の投稿タグ情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_object_terms( 1, 'post_tag' ); ?>
  • 投稿IDが1と2のカテゴリー情報と投稿タグ情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_object_terms( array( 1, 2 ), array( 'category', 'post_tag' ) ); ?>
  • 投稿IDが1と2のカテゴリー情報と投稿タグ情報をオブジェクトID付きで取得する。
    <?php $terms = wp_get_object_terms( array( 1, 2 ), array( 'category', 'post_tag' ), array( 'fields'=>'all_with_object_id' ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2011-06-02 16:23