wp_get_object_terms

(2.3.0以降)
wp_get_object_terms - 投稿記事などのタクソノミー情報を取得する

説明

mixed wp_get_object_terms( mixed $object_ids, mixed $taxonomies [ , array $args = array() ] )
投稿記事などのタクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $object_ids
    投稿記事などのオブジェクトID(数値)を指定。複数指定する場合はその配列を指定する。
  • $taxonomies
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定。複数指定する場合はその配列を指定する。
  • $args
    取得するタクソノミー情報の条件を連想配列で指定(省略時はarray())。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、term_order、noneなど(省略時は'name':名前)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    fields取得する項目を示すall、ids、names、all_with_object_idなど(省略時はall)

返り値

マッチしたすべてのタクソノミー情報が格納された配列を返す。パラメータ$taxonomiesで指定された名前が無効な場合などのエラー時にはWP_Errorのオブジェクトを返す。タクソノミー情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数
object_idintオブジェクトID(投稿IDなど)※'fields'で'all_with_object_id'指定時のみ

注意

この関数は、wp_get_post_terms関数などから呼び出されるなど、同系列の関数の中では低レベルの関数となる。オブジェクトIDを複数指定できるほか、カテゴリー情報と投稿タグ情報を同時に取得できる。

使用例

  • 投稿IDが1の投稿タグ情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_object_terms( 1, 'post_tag' ); ?>
  • 投稿IDが1と2のカテゴリー情報と投稿タグ情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_object_terms( array( 1, 2 ), array( 'category', 'post_tag' ) ); ?>
  • 投稿IDが1と2のカテゴリー情報と投稿タグ情報をオブジェクトID付きで取得する。
    <?php $terms = wp_get_object_terms( array( 1, 2 ), array( 'category', 'post_tag' ), array( 'fields'=>'all_with_object_id' ) ); ?>

フィルター

[4.9.0]ターム情報を取得する前に'wp_get_object_terms_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$argsには本関数が受け取った同名パラメータを解析した内容が、$object_idsには数値化されたタームIDの配列が、$taxonomiesにはタクソノミー名の配列が格納されている。
$args = apply_filters( 'wp_get_object_terms_args', $args, $object_ids, $taxonomies );
[4.2.0]ターム情報を取得した後に'get_object_terms'フィルターを呼び出す。パラメータ$termsには取得したターム情報の配列が、$object_idsには数値化されたタームIDの配列が、$taxonomiesにはタクソノミー名の配列が、$argsには解析済みの内容に'taxonomy'と'object_ids'キーを追加したものが格納されている。
$terms = apply_filters( 'get_object_terms', $terms, $object_ids, $taxonomies, $args );
[2.8.0]取得したターム情報を返す前に'wp_get_object_terms'フィルターを呼び出す。パラメータ$termsには取得したターム情報の配列が、$object_idsには','で連結したタームIDの文字列が、$taxonomiesには', 'で連結したタクソノミー名をさらに','で囲んだ文字列が、$argsには解析済みの内容に'taxonomy'と'object_ids'キーを追加したものが格納されている。
return apply_filters( 'wp_get_object_terms', $terms, $object_ids, $taxonomies, $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

最終更新日時 : 2017-11-30 10:50