wp_get_original_image_path

説明

string | false wp_get_original_image_path( int $attachment_id [ , bool $unfiltered = false ] )
オリジナルの画像ファイルのパス名を取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    メディア(添付ファイル)の投稿IDを指定。
  • $unfiltered
    [5.4.0] get_attached_file関数の第2パラメータを指定(省略時はfalse)。

返り値

パラメータ$attachment_idが有効な場合はアップロードされたオリジナルの画像ファイルのパス名を返す。無効な場合はfalseを返す。

注意

5.3.0ではJPEGファイルの向き情報を検知し、必要に応じて向きを調整する機能が追加された。向きが調整された場合、オリジナルファイルはそのまま残し、向きを調整して作られたファイルがメディアの投稿情報に紐づけられる。そんなオリジナルの画像ファイルのパス名を取得する目的で追加されたのが本関数である。

[5.4.0]パラメータ$unfilteredは、画像ファイルのパス名を取得する際に呼び出すget_attached_file関数の第2パラメータとなる。


使用例

  • メディアの投稿IDが41のオリジナルの画像ファイルのパス名を取得する
    <?php $path = wp_get_original_image_path( 41 ); ?>

フィルター

[5.3.0]パス名を返す前に'wp_get_original_image_path'フィルターを呼び出す。パラメータ$original_imageにはパス名が、$attachment_idには本関数が受け取ったメディアの投稿IDが格納されている。
return apply_filters( 'wp_get_original_image_path', $original_image, $attachment_id );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2020年04月02日 16:53



お勧め

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 更新)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 更新)

WordPress 3.5で登場するであろう WP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2021年4月26日 更新)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

5.3.1: サイト管理者のメールアドレス確認に関するアップデート(2020年4月2日 更新)

セキュリティ&メンテナンスアップデートの5.3.1がリリースされ、その中に以前投稿した「5.3の新機能:サイト管理者のメールアドレスを定期的に確認する」に関連したアップデートがあったので紹介する。