wp_get_password_hint

(4.1.0以降)
wp_get_password_hint - パスワード生成時のヒントテキストを取得する

説明

string wp_get_password_hint()
パスワード生成時のヒントテキストを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ヒントテキストを返す。

注意

ヒントテキストを任意のテキストに差し替えたい場合に本関数の'password_hint'フィルターを利用できる。

使用例

  • パスワード生成時のヒントテキストを取得する。
    <?php $hint = wp_get_password_hint(); ?>

フィルター

[4.1.0]ヒントテキストを返す前に'password_hint'フィルターを呼び出す。パラメータ$hintはヒントテキストが格納される。
return apply_filters( 'password_hint', $hint );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

最終更新日時 : 2014-12-26 16:36