wp_get_post_categories

(2.3.0以降)
wp_get_post_categories - 投稿記事のカテゴリー情報を取得する

説明

mixed wp_get_post_categories( [ int $post_id = 0 [ , array $args = array() ] ] )
投稿記事のカテゴリー情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID(数値)を指定(省略時は0)。
  • $args
    取得するカテゴリー情報の条件を連想配列で指定(省略時はarray())。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、term_order、noneなど(省略時は'name':名前)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    fields取得する項目を示すall、ids、namesなど(省略時はall)

返り値

マッチしたすべてのカテゴリー情報が格納された配列を返す。投稿タグ情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親がない場合は0となる
countint投稿数

注意

同じような使い方ができるget_the_category関数がある。

使用例

  • 投稿IDが1のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_post_categories( 1 ); ?>
  • 投稿IDが1のカテゴリー情報を名前の降順で取得する。
    <?php $terms = wp_get_post_categories( 1, array( 'orderby'=>'name', 'order'=>'DESC' ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2016-01-12 15:35