wp_get_post_categories

(2.3.0以降)
wp_get_post_categories - 投稿記事のカテゴリー情報を取得する

説明

mixed wp_get_post_categories( [ int $post_id = 0 [ , array $args = array() ] ] )
投稿記事のカテゴリー情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID(数値)を指定(省略時は0)。
  • $args
    取得するカテゴリー情報の条件を連想配列で指定(省略時はarray())。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、term_order、noneなど(省略時は'name':名前)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    fields取得する項目を示すall、ids、namesなど(省略時はall)

返り値

マッチしたすべてのカテゴリー情報が格納された配列を返す。投稿タグ情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。'category'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親がない場合は0となる
countint投稿数

注意

同じような使い方ができるget_the_category関数がある。

使用例

  • 投稿IDが1のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_post_categories( 1 ); ?>
  • 投稿IDが1のカテゴリー情報を名前の降順で取得する。
    <?php $terms = wp_get_post_categories( 1, array( 'orderby'=>'name', 'order'=>'DESC' ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

最終更新日時 : 2016-01-12 15:35