wp_get_post_terms

(2.8.0以降)
wp_get_post_terms - 投稿記事のタクソノミー情報を取得する

説明

mixed wp_get_post_terms( [ int $post_id = 0 [ , string $taxonomy = 'post_tag' [ , array $args = array() ] ] ] )
投稿記事のタクソノミー情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿ID(数値)を指定(省略時は0)。
  • $taxonomy
    'category'、'post_tag'などのタクソノミー名を指定(省略時は'post_tag')。
  • $args
    取得するタクソノミー情報の条件を連想配列で指定(省略時はarray())。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、term_order、noneなど(省略時は'name':名前)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    fields取得する項目を示すall、ids、names、slugsなど(省略時はall)

返り値

マッチしたすべてのタクソノミー情報が格納された配列を返す。パラメータ$taxonomyで指定された名前が無効な場合などのエラー時にはWP_Errorのオブジェクトを返す。タクソノミー情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
term_idintID
namestring名前
slugstringスラッグ
term_groupintグループID
term_taxonomy_idintタクソノミーID
taxonomystringタクソノミー名。カテゴリーの場合は'category'、タグの場合は'post_tag'となる
descriptionstring説明
parentint親カテゴリーID。親カテゴリーがない場合は0となる
countint投稿数

注意

同じような使い方ができるget_the_terms関数がある。

使用例

  • 投稿IDが1の投稿タグ情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_post_terms( 1 ); ?>
  • 投稿IDが1のカテゴリー情報を取得する。
    <?php $terms = wp_get_post_terms( 1, 'category' ); ?>
  • 投稿IDが1の投稿タグ情報を名前の降順で取得する。
    <?php $terms = wp_get_post_terms( 1, 'post_tag', array( 'orderby'=>'name', 'order'=>'DESC' ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2014-07-04 00:18