wp_get_raw_referer

(4.5.0以降)
wp_get_raw_referer - バリデーションしていないリファラーを取得する

説明

mixed wp_get_raw_referer( )
バリデーションしていないリファラーを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

リファラー情報があった場合はリファラーを返す。なかった場合はfalseを返す。

注意

$_REQUEST['_wp_http_referer']、$_SERVER['HTTP_REFERER']を順に調べ、見つかった場合はwp_unslash関数にてスラッシュでクォートされた部分を取り除いて返している。

【重要】この関数で取得したURLはバリデーションしていないため、リダイレクトしてはいけない。リダイレクトする場合はwp_get_referer関数を利用する。

使用例

  • バリデーションしていないリファラーを取得する。
    $ref = wp_get_raw_referer(); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_unslash - クォートされた文字列のクォート部分を取り除く
  • wp_validate_redirect - URLがリダイレクト先として有効か調べる

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:05