wp_get_raw_referer

(4.5.0以降)
wp_get_raw_referer - バリデーションしていないリファラーを取得する

説明

mixed wp_get_raw_referer( )
バリデーションしていないリファラーを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

リファラー情報があった場合はリファラーを返す。なかった場合はfalseを返す。

注意

$_REQUEST['_wp_http_referer']、$_SERVER['HTTP_REFERER']を順に調べ、見つかった場合はwp_unslash関数にてスラッシュでクォートされた部分を取り除いて返している。

【重要】この関数で取得したURLはバリデーションしていないため、リダイレクトしてはいけない。リダイレクトする場合はwp_get_referer関数を利用する。

使用例

  • バリデーションしていないリファラーを取得する。
    $ref = wp_get_raw_referer(); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_unslash - クォートされた文字列のクォート部分を取り除く
  • wp_validate_redirect - URLがリダイレクト先として有効か調べる

お勧めコンテンツ

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:05