wp_get_recent_posts

(1.0.0以降)
wp_get_recent_posts - 最新の投稿情報を取得する

説明

mixed wp_get_recent_posts( [ mixed $args = array() [ , string $output = ARRAY_A ] ] )
最新の投稿情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を連想配列で指定(省略時はarray())。
    キーワード意味
    numberposts取得件数(省略時は10)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    category何れかのカテゴリーに属する投稿情報はカテゴリーIDを、何れのカテゴリーにも属さない投稿情報は-を付けたカテゴリーIDを指定(複数指定する場合は,で区切る)
    orderbyソート対象を示すauthor、date、category、title、modified、ID、randなど(省略時は'post_date':投稿日時)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    include取得したい投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude取得したくない投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    meta_keyカスタムフィールドの名前
    meta_valueカスタムフィールドの値
    post_type'post'、'page'、'attachment'、'any'などの投稿情報タイプ(省略時は'post':投稿ページ)
    suppress_filters最終的な検索条件に対してフィルター処理を行わない場合はtrue、フィルター処理を行う場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は'draft, publish, future, pending, private')
  • $output
    出力形式としてARRAY_AまたはOBJECTを指定(省略時はARRAY_A)。

返り値

パラメータ$outputがARRAY_Aの場合、条件にマッチした投稿情報を連想配列に変換した配列を返す。投稿情報がない場合は空の配列を返す。
パラメータ$outputがOBJECT(ARRAY_A以外)の場合、条件にマッチした投稿情報オブジェクトの配列を返す。投稿情報がない場合はfalseを返す。

注意

3.1以降とその前とで、パラメータの仕様が変わっている(3.1より前のバージョンでは、第1パラメータは取得したい投稿件数を指定していた)。
パラメータ$argsの内容は、内部で呼び出されるget_posts関数に準じるが、省略時の値は異なっている。

使用例

  • 最新の投稿情報を5件取得する。
    <?php $recent = wp_get_recent_posts( array( 'numberposts' => 5 ) ); ?>
  • 最新の投稿情報をオブジェクトで取得する。。
    <?php $recent = wp_get_recent_posts( array(), OBJECT ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

  • get_posts - 条件にマッチする投稿情報を取得する

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2013-10-16 11:47