wp_get_recent_posts

説明

mixed wp_get_recent_posts( [ mixed $args = array() [ , string $output = ARRAY_A ] ] )
最新の投稿情報を取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を連想配列で指定(省略時はarray())。
    キーワード意味
    numberposts取得件数(省略時は10)
    offset取得開始位置(省略時は0:先頭)
    category何れかのカテゴリーに属する投稿情報はカテゴリーIDを、何れのカテゴリーにも属さない投稿情報は-を付けたカテゴリーIDを指定(複数指定する場合は,で区切る)
    orderbyソート対象を示すauthor、date、category、title、modified、ID、randなど(省略時は'post_date':投稿日時)
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はDESC)
    include取得したい投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    exclude取得したくない投稿情報ID(複数指定する場合は,で区切る)
    meta_keyカスタムフィールドの名前
    meta_valueカスタムフィールドの値
    post_type'post'、'page'、'attachment'、'any'などの投稿情報タイプ(省略時は'post':投稿ページ)
    suppress_filters最終的な検索条件に対してフィルター処理を行わない場合はtrue、フィルター処理を行う場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    post_status投稿ステータスを示す'auto-draft'、'draft'、'inherit'、'private'、'publish'、'any'など(省略時は'draft, publish, future, pending, private')
  • $output
    出力形式としてARRAY_AまたはOBJECTを指定(省略時はARRAY_A)。

返り値

パラメータ$outputがARRAY_Aの場合、条件にマッチした投稿情報を連想配列に変換した配列を返す。投稿情報がない場合は空の配列を返す。
パラメータ$outputがOBJECT(ARRAY_A以外)の場合、条件にマッチした投稿情報オブジェクトの配列を返す。投稿情報がない場合はfalseを返す。

注意

3.1以降とその前とで、パラメータの仕様が変わっている(3.1より前のバージョンでは、第1パラメータは取得したい投稿件数を指定していた)。
パラメータ$argsの内容は、内部で呼び出される get_posts関数に準じるが、省略時の値は異なっている。

使用例

  • 最新の投稿情報を5件取得する。
    <?php $recent = wp_get_recent_posts( array( 'numberposts' => 5 ) ); ?>
  • 最新の投稿情報をオブジェクトで取得する。。
    <?php $recent = wp_get_recent_posts( array(), OBJECT ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2013年10月16日 11:47



お勧め

フィードにサムネイル画像を追加する(2022年11月1日 更新)

WordPressが出力するの標準のフィードには、各投稿のサムネイル画像の情報が含まれていない。ネットで検索してみるといくつかの方法があることがわかったので、その中から2つ試してみた。

投稿一覧に「投稿フォーマット」フィルターが追加される(2019年4月12日 更新)

WordPress 5.2 Beta2(以降5.2Beta2)のソースコードを眺めていると、投稿一覧ページのフィルター機能に「投稿フォーマット」(select要素)が追加されていた。

5.5の機能強化:コメントフォームのちょっとした改良(2020年8月12日 更新)

来月にリリースされるWordPress 5.5に向けてBeta 1、2、3と公開が続いている。「WordPress 5.5 Beta 3(以降Beta 3)」のソースコードを見ていくと、コメントフォームを表示する comment_form関数が機能拡張されていた。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2018年5月27日 更新)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 更新)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。