wp_get_shortlink

(3.0.0以降)
wp_get_shortlink - 短縮URLを取得する

説明

string wp_get_shortlink( [ int $id = 0 [ , string $context = 'post' [ , bool $allow_slugs = true ] ] ] )
短縮URLを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDなどのIDを指定(省略時は0)。
  • $context
    コンテキスト種別を指定。'post'、'blog'、'query'など(省略時は'post')。
  • $allow_slugs
    投稿スラッグを許容するか指定(省略時はtrue)。

返り値

短縮URLを返す。ただし、パラメータ$idおよび$contextによって適切な投稿情報を取得できないか、パーマリンク設定をしていない場合は''を返す。

注意

デフォルトの短縮URLは"Ugly"(http://example.com/?p=N)となり、プラグインなどによるフィルター('pre_get_shortlink'および'get_shortlink')次第でURLパターンは変わる。 またパラメータ$allow_slugsはデフォルトでは使用していない。

使用例

  • 短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink(); ); ?>
  • 投稿IDが10の短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink( 10 ); ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2010-06-25 17:24