wp_get_shortlink

(3.0.0以降)
wp_get_shortlink - 短縮URLを取得する

説明

string wp_get_shortlink( [ int $id = 0 [ , string $context = 'post' [ , bool $allow_slugs = true ] ] ] )
短縮URLを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDなどのIDを指定(省略時は0)。
  • $context
    コンテキスト種別を指定。'post'、'blog'、'query'など(省略時は'post')。
  • $allow_slugs
    投稿スラッグを許容するか指定(省略時はtrue)。

返り値

短縮URLを返す。ただし、パラメータ$idおよび$contextによって適切な投稿情報を取得できないか、パーマリンク設定をしていない場合は''を返す。

注意

デフォルトの短縮URLは"Ugly"(http://example.com/?p=N)となり、プラグインなどによるフィルター('pre_get_shortlink'および'get_shortlink')次第でURLパターンは変わる。 またパラメータ$allow_slugsはデフォルトでは使用していない。

使用例

  • 短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink(); ); ?>
  • 投稿IDが10の短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink( 10 ); ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2010-06-25 17:24