wp_get_shortlink

(3.0.0以降)
wp_get_shortlink - 短縮URLを取得する

説明

string wp_get_shortlink( [ int $id = 0 [ , string $context = 'post' [ , bool $allow_slugs = true ] ] ] )
短縮URLを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDなどのIDを指定(省略時は0)。
  • $context
    コンテキスト種別を指定。'post'、'blog'、'query'など(省略時は'post')。
  • $allow_slugs
    投稿スラッグを許容するか指定(省略時はtrue)。

返り値

短縮URLを返す。ただし、パラメータ$idおよび$contextによって適切な投稿情報を取得できないか、パーマリンク設定をしていない場合は''を返す。

注意

デフォルトの短縮URLは"Ugly"(http://example.com/?p=N)となり、プラグインなどによるフィルター('pre_get_shortlink'および'get_shortlink')次第でURLパターンは変わる。 またパラメータ$allow_slugsはデフォルトでは使用していない。

使用例

  • 短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink(); ); ?>
  • 投稿IDが10の短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink( 10 ); ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

最終更新日時 : 2010-06-25 17:24