wp_get_shortlink

(3.0.0以降)
wp_get_shortlink - 短縮URLを取得する

説明

string wp_get_shortlink( [ int $id = 0 [ , string $context = 'post' [ , bool $allow_slugs = true ] ] ] )
短縮URLを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDなどのIDを指定(省略時は0)。
  • $context
    コンテキスト種別を指定。'post'、'blog'、'query'など(省略時は'post')。
  • $allow_slugs
    投稿スラッグを許容するか指定(省略時はtrue)。

返り値

短縮URLを返す。ただし、パラメータ$idおよび$contextによって適切な投稿情報を取得できないか、パーマリンク設定をしていない場合は''を返す。

注意

デフォルトの短縮URLは"Ugly"(http://example.com/?p=N)となり、プラグインなどによるフィルター('pre_get_shortlink'および'get_shortlink')次第でURLパターンは変わる。 またパラメータ$allow_slugsはデフォルトでは使用していない。

使用例

  • 短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink(); ); ?>
  • 投稿IDが10の短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink( 10 ); ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2010-06-25 17:24