wp_get_shortlink

(3.0.0以降)
wp_get_shortlink - 短縮URLを取得する

説明

string wp_get_shortlink( [ int $id = 0 [ , string $context = 'post' [ , bool $allow_slugs = true ] ] ] )
短縮URLを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿IDなどのIDを指定(省略時は0)。
  • $context
    コンテキスト種別を指定。'post'、'blog'、'query'など(省略時は'post')。
  • $allow_slugs
    投稿スラッグを許容するか指定(省略時はtrue)。

返り値

短縮URLを返す。ただし、パラメータ$idおよび$contextによって適切な投稿情報を取得できないか、パーマリンク設定をしていない場合は''を返す。

注意

デフォルトの短縮URLは"Ugly"(http://example.com/?p=N)となり、プラグインなどによるフィルター('pre_get_shortlink'および'get_shortlink')次第でURLパターンは変わる。 またパラメータ$allow_slugsはデフォルトでは使用していない。

使用例

  • 短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink(); ); ?>
  • 投稿IDが10の短縮URLを取得する
    <?php print( wp_get_shortlink( 10 ); ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2010-06-25 17:24