WordPress 3.5.0 で非推奨となりました。

wp_get_single_post

(1.0.0以降)
wp_get_single_post - 投稿情報を取得する

説明

mixed wp_get_single_post( [ int $post_id = 0 [ , string $mode = OBJECT ] ] )
投稿情報を取得する。取得する情報には、標準の投稿情報に区分けカテゴリーIDと投稿タグ名の配列が含まれる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDを指定(省略時は0)。
  • $mode
    取得データ形式としてOBJECT、ARRAY_N、ARRAY_Aの何れかを指定(省略時はOBJECT)。

返り値

投稿情報を返す。投稿情報が見つからなかった場合は、パラメータ$modeにしたがってnullまたは空の配列を返す。

注意

get_post関数と違い、パラメータ$post_idには直接数値を指定できる。
取得できる投稿情報は標準形式($post参照)に、次のプロパティ(要素)が拡張されている。
プロパティ内容
post_categoryカテゴリーIDの配列
tags_input投稿タグ名の配列

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報(オブジェクト)を取得する。
    <?php $post_ex = wp_get_single_post( 10 ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報(連想配列)を取得する。
    <?php $post_ex = wp_get_single_post( 10, ARRAY_N ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40