WordPress 3.5.0 で非推奨となりました。

wp_get_single_post

(1.0.0以降)
wp_get_single_post - 投稿情報を取得する

説明

mixed wp_get_single_post( [ int $post_id = 0 [ , string $mode = OBJECT ] ] )
投稿情報を取得する。取得する情報には、標準の投稿情報に区分けカテゴリーIDと投稿タグ名の配列が含まれる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDを指定(省略時は0)。
  • $mode
    取得データ形式としてOBJECT、ARRAY_N、ARRAY_Aの何れかを指定(省略時はOBJECT)。

返り値

投稿情報を返す。投稿情報が見つからなかった場合は、パラメータ$modeにしたがってnullまたは空の配列を返す。

注意

get_post関数と違い、パラメータ$post_idには直接数値を指定できる。
取得できる投稿情報は標準形式($post参照)に、次のプロパティ(要素)が拡張されている。
プロパティ内容
post_categoryカテゴリーIDの配列
tags_input投稿タグ名の配列

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報(オブジェクト)を取得する。
    <?php $post_ex = wp_get_single_post( 10 ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報(連想配列)を取得する。
    <?php $post_ex = wp_get_single_post( 10, ARRAY_N ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40