wp_get_theme

(3.4.0以降)
wp_get_theme - テーマ情報を取得する

説明

WP_Theme wp_get_theme( [ string $stylesheet = null [ , string $theme_root = null ] ] )
テーマ情報(WP_Themeオブジェクト)を取得する。

パラメータ

  • $stylesheet
    テーマ名(ディレクトリ名)を指定(省略時はnull)。
  • $theme_root
    テーマのディレクトリ名を指定(省略時はnull)。

返り値

テーマ情報(WP_Themeオブジェクト)を返す。

注意

get_file_data関数を使ってテーマ情報を取得する代替方法として本関数を使用できる。なおテーマ情報を取得する関数としてget_theme_data関数(バージョン1.5.0~3.3.x)があったが、本関数の追加により非推奨になっている。

パラメータ$stylesheetが省略された場合は現在のテーマ情報が対象となる。

パラメータ$theme_rootは、標準のテーマディレクトリ(通常はWP_CONTENT_DIR . '/themes')以外のテーマを対象とする場合にそのパス名を指定する。

使用例

  • 現在のテーマ情報を取得する。
    <?php
    $theme = wp_get_theme();
    $theme_version = $theme->get( 'Version' );
    ?>
  • 'Twenty Seventeen'のテーマ情報を取得する。
    <?php $theme = wp_get_theme( 'twentyseventeen' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

  • get_file_data - WordPress規定のヘッダー情報を取得する
  • get_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する
  • remove_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて削除する

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2017-09-06 14:16