wp_get_theme

(3.4.0以降)
wp_get_theme - テーマ情報を取得する

説明

WP_Theme wp_get_theme( [ string $stylesheet = null [ , string $theme_root = null ] ] )
テーマ情報(WP_Themeオブジェクト)を取得する。

パラメータ

  • $stylesheet
    テーマ名(ディレクトリ名)を指定(省略時はnull)。
  • $theme_root
    テーマのディレクトリ名を指定(省略時はnull)。

返り値

テーマ情報(WP_Themeオブジェクト)を返す。

注意

get_file_data関数を使ってテーマ情報を取得する代替方法として本関数を使用できる。なおテーマ情報を取得する関数としてget_theme_data関数(バージョン1.5.0~3.3.x)があったが、本関数の追加により非推奨になっている。

パラメータ$stylesheetが省略された場合は現在のテーマ情報が対象となる。

パラメータ$theme_rootは、標準のテーマディレクトリ(通常はWP_CONTENT_DIR . '/themes')以外のテーマを対象とする場合にそのパス名を指定する。

使用例

  • 現在のテーマ情報を取得する。
    <?php
    $theme = wp_get_theme();
    $theme_version = $theme->get( 'Version' );
    ?>
  • 'Twenty Seventeen'のテーマ情報を取得する。
    <?php $theme = wp_get_theme( 'twentyseventeen' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

  • get_file_data - WordPress規定のヘッダー情報を取得する
  • get_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて取得する
  • remove_theme_mods - 現在のテーマ固有のプロパティをすべて削除する

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

最終更新日時 : 2017-09-06 14:16