wp_http_validate_url

(3.5.2以降)
wp_http_validate_url - 安全なURLか調べる

説明

mixed wp_http_validate_url( string $url )
安全なURLか調べる。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。

返り値

パラメータ$urlが安全なURLの場合はその値(文字列)を、それ以外はfalseを返す。

注意

パラメータ$urlが'user'や'pass'パラメータ値を含んでいる場合はfalseとなる。また、ポート番号が80、443、8080以外もfalseとなる。

使用例

  • $urlが安全なURLか調べる。
    <?php if ( !wp_http_validate_url( $url ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

  • esc_url_raw - URL文字列をデータベース向けにクリーニングする
  • get_option - オプションの値を取得する

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2013-06-22 09:44