wp_image_editor_supports

(3.5.0以降)
wp_image_editor_supports - イメージエディタがサポートしているか調べる

説明

bool wp_image_editor_supports( [ mixed $args = array() ] )
イメージエディタがサポートしているか調べる。

パラメータ

  • $args
    調べたいMIMEタイプおよびメソッド名を文字列または配列で指定(省略時は、array())。

返り値

サポートしている場合はtrueを、サポートしていない場合はfalseを返す。

注意

テーマ内で3.5の新機能であるWP_Image_Editorクラス系が使えるか確認する。

使用例

  • イメージエディタがMIMEタイプ'image/jpeg'をサポートしているか調べる。
    <?php if ( wp_image_editor_supports( array( 'mime_type'=>'image/jpeg' ) ) ) : ?>
  • イメージエディタがMIMEタイプ'image/jpeg'でrotateメソッドをサポートしているか調べる。
    <?php if ( wp_image_editor_supports( array( 'mime_type'=>'image/jpeg', 'methods'=>array( 'rotate' ) ) ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2012-12-20 13:50