wp_image_matches_ratio

(4.6.0以降)
wp_image_matches_ratio - 2つの幅と高さが同じアスペクト比か調べる

説明

bool wp_image_matches_ratio( int $source_width, int $source_height, int $target_width, int $target_height )
2つの幅と高さが同じアスペクト比か調べる。

パラメータ

  • $source_width
    1つ目の幅を指定。
  • $source_height
    1つ目の高さを指定。
  • $target_width
    2つ目の幅を指定。
  • $target_height
    2つ目の高さを指定。

返り値

2つの幅と高さが同じアスペクト比が同じ場合はtrueを、異なる場合はfalseを返す。

注意

幅を基準に倍率を調整し、幅・高さとも1ピクセル以下の場合は同じアスペクト比としている。

使用例

  • 変数$image_width$image_heightの内容が、幅640×高さ480か調べる。
    <?php if ( wp_image_matches_ratio( 640, 480, $image_width, $image_height ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2016-08-17 15:31