wp_image_matches_ratio

(4.6.0以降)
wp_image_matches_ratio - 2つの幅と高さが同じアスペクト比か調べる

説明

bool wp_image_matches_ratio( int $source_width, int $source_height, int $target_width, int $target_height )
2つの幅と高さが同じアスペクト比か調べる。

パラメータ

  • $source_width
    1つ目の幅を指定。
  • $source_height
    1つ目の高さを指定。
  • $target_width
    2つ目の幅を指定。
  • $target_height
    2つ目の高さを指定。

返り値

2つの幅と高さが同じアスペクト比が同じ場合はtrueを、異なる場合はfalseを返す。

注意

幅を基準に倍率を調整し、幅・高さとも1ピクセル以下の場合は同じアスペクト比としている。

使用例

  • 変数$image_width$image_heightの内容が、幅640×高さ480か調べる。
    <?php if ( wp_image_matches_ratio( 640, 480, $image_width, $image_height ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

最終更新日時 : 2016-08-17 15:31