wp_insert_post

(1.0.0以降)
wp_insert_post - 投稿情報を登録する

説明

mixed wp_insert_post( array $postarr [ , bool $wp_error = false ] )
投稿情報を登録する。

パラメータ

  • $postarr
    投稿情報を連想配列で指定。連想配列の内容(抜粋)は次の通り。
    キー名省略時の値内容
    'post_status''draft'投稿ステータス('draft'、'publish'、'private'、'future'など)
    'post_type''post'投稿タイプ('post'、'page'、カスタム投稿タイプ名など)
    'post_author'$user_ID投稿者ID
    'ping_status'get_option( 'default_ping_status' )デフォルトのピンステータス
    'post_parent'0親の投稿情報ID
    'menu_order'0メニューの表示順
    'to_ping'''
    'pinged'''
    'post_password'''パスワードによるアクセス制限時のパスワード
    'guid'''
    'post_content_filtered'''
    'post_excerpt'''抜粋
    'import_id'0新しい投稿情報ID(未使用のID)
    'post_content'''投稿記事
    'post_title'''タイトル
    'ID'投稿情報ID
    'post_category'カテゴリーIDの配列
    'tags_input'投稿タグの文字列(複数の場合は,(カンマ)区切り)
    'comment_status'コメントステータス('open'、'closed'など)
    'post_date'投稿日時
  • $wp_error
    登録失敗時にエラー内容を示すWP_Errorオブジェクトを返す場合はtrueを、0を返す場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

正しく登録できた場合は投稿情報のIDを返す。登録できなかった場合は、パラメータ$wp_errorにしたがってWP_Errorオブジェクトまたは0を返す。

注意

'ID'プロパティで指定した投稿情報がすでに存在する場合は、追加は行わず、その投稿情報を更新する。なお、公開済みの投稿危記事を'post_status'プロパティを省略して更新すると、ステータスが「下書き('draft')」などに変わってしまう。また固定ページを'post_type'プロパティを省略して更新すると、投稿タイプが「投稿('post')」に変わってしまう。どちらも注意が必要だ。
'post_status'プロパティが'private'以外の場合、'post_password'プロパティを指定しても無効となる。
'post_type'プロパティが'post'で'post_status'プロパティが'auto-draft'以外の場合、'post_category'プロパティが省略されている場合はデフォルトのカテゴリーが適用される。
内部では、デフォルトのカテゴリーID、コメントステータス(「新しい投稿へのコメントを許可する」の値)、ピンステータス(「他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける」の値)を取得している。
$post_category = array( get_option('default_category') );
$comment_status = get_option( 'default_comment_status' );
$ping_status = get_option( 'default_ping_status' );
[4.2.0]タイトル(post_titile)、本文(post_content)、抜粋(post_excerpt)については、カラムのcharsetが'utf8'の場合にwp_encode_emoji関数を使って絵文字の文字コードをHTMLエンティティに変換する。

使用例

  • 投稿情報としてタイトルと内容を登録する。
    <?php $post_id = wp_insert_post( array( 'post_title'=>'テスト投稿', 'post_content'=>'この投稿はテストです。' ) ); ?>
  • 投稿情報として$postarrを登録する。登録できなかった場合はエラー内容を取得する。
    <?php $post_id = wp_insert_post( $postarr, true ); ?>

フィルター

[3.3.0]指定された投稿情報が「空」か調べるため'wp_insert_post_empty_content'フィルターを呼び出す。$maybe_emptyにはタイトル、コンテント(記事内容)、抜粋のすべてが空の場合にtrueが格納されている。
if ( apply_filters( 'wp_insert_post_empty_content', $maybe_empty, $postarr ) ) {
[3.1.0]親記事のIDを指定する前に'wp_insert_post_parent'フィルターを呼び出す。
$post_parent = apply_filters( 'wp_insert_post_parent', $post_parent, $post_ID, compact( array_keys( $postarr ) ), $postarr );

アクション

[2.5.0]投稿情報を更新する前に'pre_post_update'アクションを呼び出す。
do_action( 'pre_post_update', $post_ID );
[1.2.0]すでに投稿情報が登録されている場合'edit_post'アクションを呼び出す。$postには更新する投稿情報が格納されている。
do_action( 'edit_post', $post_ID, $post );
[3.0.0]すでに投稿情報が登録されている場合'edit_post'アクションの後に'post_updated'アクションを呼び出す。$post_afterには更新後の投稿情報が、$post_beforeには更新前の投稿情報が格納されている。
do_action( 'post_updated', $post_ID, $post_after, $post_before );
[3.7.0]'save_post'アクションを呼び出す前に'save_post_post'のような末尾に投稿タイプ名を含むアクションを呼び出す。$postには更新する投稿情報が格納されている。
do_action( "save_post_{$post->post_type}", $post_ID, $post, $update );
[1.5.0]'save_post'アクションを呼び出す。$postには更新する投稿情報が格納されている。
do_action( 'save_post', $post_ID, $post, $update );
[2.0.0]'wp_insert_post'アクションを呼び出す。$postには更新する投稿情報が格納されている。
do_action( 'wp_insert_post', $post_ID, $post, $update );

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2015-04-24 13:58