wp_insert_user

(2.0.0以降)
wp_insert_user - ユーザを登録する

説明

mixed wp_insert_user( mixed $userdata )
ユーザーを登録する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報を格納した連想配列またはオブジェクトを指定。指定できるユーザ情報の内容は次の通り。
    プロパティ意味格納先省略時の値
    'ID'ユーザIDwp_users省略可
    'user_login'ログイン名wp_users省略不可
    'user_pass'パスワードwp_users省略不可
    'user_email'メールアドレスwp_users省略時は''
    'user_url'URLwp_users省略時は''
    'user_nicename'URLに含められる名前wp_users省略時は'user_login'の値
    'display_name'表示名wp_users省略時は名前に関連する値から
    'user_registered'登録日時(書式は'Y-m-d H:i:s')wp_users現在のGMT日時
    'nickname'ニックネームwp_usermeta省略時は'user_login'の値
    'first_name'ファーストネームwp_usermeta省略時は''
    'last_name'ラストネームwp_usermeta省略時は''
    'description'説明wp_usermeta省略時は''
    'rich_editing'リッチエディタ使用wp_usermeta省略時は'true'
    'comment_shortcuts'コメントショートカットwp_usermeta省略時は'false'
    'admin_color'管理画面カラーwp_usermeta省略時は'fresh'
    'use_ssl'SSL使用wp_usermeta省略時は0
    'show_admin_bar_front'管理バー表示wp_usermeta省略時は'true'
    'role'ロールwp_usermeta省略時はget_option( 'default_role' )の値(登録時のみ)
    'jabber'Jabberアカウントwp_usermeta
    'aim'AOL IMアカウントwp_usermeta
    'yim'Yahoo IMアカウントwp_usermeta

返り値

ユーザ情報を登録・更新できた場合はそのユーザIDを返す。登録・更新できなかった場合は、そのエラー内容を格納したWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$userdataが'ID'プロパティを持つ場合は、そのユーザIDの示すユーザ情報を更新する。'ID'プロパティを持たない場合は、新規に登録する。

使用例

  • ユーザを登録する。
    <?php wp_insert_user( $userdata ); ?>

フィルター

登録・更新前に'pre_user_login'フィルターを呼び出す。
$user_login = apply_filters( 'pre_user_login', $user_login );
登録・更新前に'pre_user_nicename'フィルターを呼び出す。
$user_nicename = apply_filters( 'pre_user_nicename', $user_nicename );
登録・更新前に'pre_user_url'フィルターを呼び出す。
$user_url = apply_filters( 'pre_user_url', $user_url );
登録・更新前に'pre_user_email'フィルターを呼び出す。
$user_email = apply_filters( 'pre_user_email', $user_email );
登録・更新前に'pre_user_nickname'フィルターを呼び出す。
$nickname = apply_filters( 'pre_user_nickname', $nickname );
登録・更新前に'pre_user_first_name'フィルターを呼び出す。
$first_name = apply_filters( 'pre_user_first_name', $first_name );
登録・更新前に'pre_user_last_name'フィルターを呼び出す。
$last_name = apply_filters( 'pre_user_last_name', $last_name );
登録・更新前に'pre_user_display_name'フィルターを呼び出す。
$display_name = apply_filters( 'pre_user_display_name', $display_name );
登録・更新前に'pre_user_description'フィルターを呼び出す。
$description = apply_filters( 'pre_user_description', $description );

アクション

ユーザ情報を更新した後に'profile_update'アクションを呼び出す。$user_idには更新したユーザIDが、$old_user_dataには更新前のユーザ情報が格納される。
do_action( 'profile_update', $user_id, $old_user_data );
ユーザ情報を渡鹿した後に'user_register'アクションを呼び出す。$user_idには登録したユーザIDが格納される。
do_action( 'user_register', $user_id );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33