wp_insert_user

(2.0.0以降)
wp_insert_user - ユーザを登録する

説明

mixed wp_insert_user( mixed $userdata )
ユーザーを登録する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報を格納した連想配列またはオブジェクトを指定。指定できるユーザ情報の内容は次の通り。
    プロパティ意味格納先省略時の値
    'ID'ユーザIDwp_users省略可
    'user_login'ログイン名wp_users省略不可
    'user_pass'パスワードwp_users省略不可
    'user_email'メールアドレスwp_users省略時は''
    'user_url'URLwp_users省略時は''
    'user_nicename'URLに含められる名前wp_users省略時は'user_login'の値
    'display_name'表示名wp_users省略時は名前に関連する値から
    'user_registered'登録日時(書式は'Y-m-d H:i:s')wp_users現在のGMT日時
    'nickname'ニックネームwp_usermeta省略時は'user_login'の値
    'first_name'ファーストネームwp_usermeta省略時は''
    'last_name'ラストネームwp_usermeta省略時は''
    'description'説明wp_usermeta省略時は''
    'rich_editing'リッチエディタ使用wp_usermeta省略時は'true'
    'comment_shortcuts'コメントショートカットwp_usermeta省略時は'false'
    'admin_color'管理画面カラーwp_usermeta省略時は'fresh'
    'use_ssl'SSL使用wp_usermeta省略時は0
    'show_admin_bar_front'管理バー表示wp_usermeta省略時は'true'
    'role'ロールwp_usermeta省略時はget_option( 'default_role' )の値(登録時のみ)
    'jabber'Jabberアカウントwp_usermeta
    'aim'AOL IMアカウントwp_usermeta
    'yim'Yahoo IMアカウントwp_usermeta

返り値

ユーザ情報を登録・更新できた場合はそのユーザIDを返す。登録・更新できなかった場合は、そのエラー内容を格納したWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$userdataが'ID'プロパティを持つ場合は、そのユーザIDの示すユーザ情報を更新する。'ID'プロパティを持たない場合は、新規に登録する。

使用例

  • ユーザを登録する。
    <?php wp_insert_user( $userdata ); ?>

フィルター

登録・更新前に'pre_user_login'フィルターを呼び出す。
$user_login = apply_filters( 'pre_user_login', $user_login );
登録・更新前に'pre_user_nicename'フィルターを呼び出す。
$user_nicename = apply_filters( 'pre_user_nicename', $user_nicename );
登録・更新前に'pre_user_url'フィルターを呼び出す。
$user_url = apply_filters( 'pre_user_url', $user_url );
登録・更新前に'pre_user_email'フィルターを呼び出す。
$user_email = apply_filters( 'pre_user_email', $user_email );
登録・更新前に'pre_user_nickname'フィルターを呼び出す。
$nickname = apply_filters( 'pre_user_nickname', $nickname );
登録・更新前に'pre_user_first_name'フィルターを呼び出す。
$first_name = apply_filters( 'pre_user_first_name', $first_name );
登録・更新前に'pre_user_last_name'フィルターを呼び出す。
$last_name = apply_filters( 'pre_user_last_name', $last_name );
登録・更新前に'pre_user_display_name'フィルターを呼び出す。
$display_name = apply_filters( 'pre_user_display_name', $display_name );
登録・更新前に'pre_user_description'フィルターを呼び出す。
$description = apply_filters( 'pre_user_description', $description );

アクション

ユーザ情報を更新した後に'profile_update'アクションを呼び出す。$user_idには更新したユーザIDが、$old_user_dataには更新前のユーザ情報が格納される。
do_action( 'profile_update', $user_id, $old_user_data );
ユーザ情報を渡鹿した後に'user_register'アクションを呼び出す。$user_idには登録したユーザIDが格納される。
do_action( 'user_register', $user_id );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33