wp_insert_user

(2.0.0以降)
wp_insert_user - ユーザを登録する

説明

mixed wp_insert_user( mixed $userdata )
ユーザーを登録する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報を格納した連想配列またはオブジェクトを指定。指定できるユーザ情報の内容は次の通り。
    プロパティ意味格納先省略時の値
    'ID'ユーザIDwp_users省略可
    'user_login'ログイン名wp_users省略不可
    'user_pass'パスワードwp_users省略不可
    'user_email'メールアドレスwp_users省略時は''
    'user_url'URLwp_users省略時は''
    'user_nicename'URLに含められる名前wp_users省略時は'user_login'の値
    'display_name'表示名wp_users省略時は名前に関連する値から
    'user_registered'登録日時(書式は'Y-m-d H:i:s')wp_users現在のGMT日時
    'nickname'ニックネームwp_usermeta省略時は'user_login'の値
    'first_name'ファーストネームwp_usermeta省略時は''
    'last_name'ラストネームwp_usermeta省略時は''
    'description'説明wp_usermeta省略時は''
    'rich_editing'リッチエディタ使用wp_usermeta省略時は'true'
    'comment_shortcuts'コメントショートカットwp_usermeta省略時は'false'
    'admin_color'管理画面カラーwp_usermeta省略時は'fresh'
    'use_ssl'SSL使用wp_usermeta省略時は0
    'show_admin_bar_front'管理バー表示wp_usermeta省略時は'true'
    'role'ロールwp_usermeta省略時はget_option( 'default_role' )の値(登録時のみ)
    'jabber'Jabberアカウントwp_usermeta
    'aim'AOL IMアカウントwp_usermeta
    'yim'Yahoo IMアカウントwp_usermeta

返り値

ユーザ情報を登録・更新できた場合はそのユーザIDを返す。登録・更新できなかった場合は、そのエラー内容を格納したWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$userdataが'ID'プロパティを持つ場合は、そのユーザIDの示すユーザ情報を更新する。'ID'プロパティを持たない場合は、新規に登録する。

使用例

  • ユーザを登録する。
    <?php wp_insert_user( $userdata ); ?>

フィルター

登録・更新前に'pre_user_login'フィルターを呼び出す。
$user_login = apply_filters( 'pre_user_login', $user_login );
登録・更新前に'pre_user_nicename'フィルターを呼び出す。
$user_nicename = apply_filters( 'pre_user_nicename', $user_nicename );
登録・更新前に'pre_user_url'フィルターを呼び出す。
$user_url = apply_filters( 'pre_user_url', $user_url );
登録・更新前に'pre_user_email'フィルターを呼び出す。
$user_email = apply_filters( 'pre_user_email', $user_email );
登録・更新前に'pre_user_nickname'フィルターを呼び出す。
$nickname = apply_filters( 'pre_user_nickname', $nickname );
登録・更新前に'pre_user_first_name'フィルターを呼び出す。
$first_name = apply_filters( 'pre_user_first_name', $first_name );
登録・更新前に'pre_user_last_name'フィルターを呼び出す。
$last_name = apply_filters( 'pre_user_last_name', $last_name );
登録・更新前に'pre_user_display_name'フィルターを呼び出す。
$display_name = apply_filters( 'pre_user_display_name', $display_name );
登録・更新前に'pre_user_description'フィルターを呼び出す。
$description = apply_filters( 'pre_user_description', $description );

アクション

ユーザ情報を更新した後に'profile_update'アクションを呼び出す。$user_idには更新したユーザIDが、$old_user_dataには更新前のユーザ情報が格納される。
do_action( 'profile_update', $user_id, $old_user_data );
ユーザ情報を渡鹿した後に'user_register'アクションを呼び出す。$user_idには登録したユーザIDが格納される。
do_action( 'user_register', $user_id );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33