wp_insert_user

(2.0.0以降)
wp_insert_user - ユーザを登録する

説明

mixed wp_insert_user( mixed $userdata )
ユーザーを登録する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報を格納した連想配列またはオブジェクトを指定。指定できるユーザ情報の内容は次の通り。
    プロパティ意味格納先省略時の値
    'ID'ユーザIDwp_users省略可
    'user_login'ログイン名wp_users省略不可
    'user_pass'パスワードwp_users省略不可
    'user_email'メールアドレスwp_users省略時は''
    'user_url'URLwp_users省略時は''
    'user_nicename'URLに含められる名前wp_users省略時は'user_login'の値
    'display_name'表示名wp_users省略時は名前に関連する値から
    'user_registered'登録日時(書式は'Y-m-d H:i:s')wp_users現在のGMT日時
    'nickname'ニックネームwp_usermeta省略時は'user_login'の値
    'first_name'ファーストネームwp_usermeta省略時は''
    'last_name'ラストネームwp_usermeta省略時は''
    'description'説明wp_usermeta省略時は''
    'rich_editing'リッチエディタ使用wp_usermeta省略時は'true'
    'comment_shortcuts'コメントショートカットwp_usermeta省略時は'false'
    'admin_color'管理画面カラーwp_usermeta省略時は'fresh'
    'use_ssl'SSL使用wp_usermeta省略時は0
    'show_admin_bar_front'管理バー表示wp_usermeta省略時は'true'
    'role'ロールwp_usermeta省略時はget_option( 'default_role' )の値(登録時のみ)
    'jabber'Jabberアカウントwp_usermeta
    'aim'AOL IMアカウントwp_usermeta
    'yim'Yahoo IMアカウントwp_usermeta

返り値

ユーザ情報を登録・更新できた場合はそのユーザIDを返す。登録・更新できなかった場合は、そのエラー内容を格納したWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$userdataが'ID'プロパティを持つ場合は、そのユーザIDの示すユーザ情報を更新する。'ID'プロパティを持たない場合は、新規に登録する。

使用例

  • ユーザを登録する。
    <?php wp_insert_user( $userdata ); ?>

フィルター

登録・更新前に'pre_user_login'フィルターを呼び出す。
$user_login = apply_filters( 'pre_user_login', $user_login );
登録・更新前に'pre_user_nicename'フィルターを呼び出す。
$user_nicename = apply_filters( 'pre_user_nicename', $user_nicename );
登録・更新前に'pre_user_url'フィルターを呼び出す。
$user_url = apply_filters( 'pre_user_url', $user_url );
登録・更新前に'pre_user_email'フィルターを呼び出す。
$user_email = apply_filters( 'pre_user_email', $user_email );
登録・更新前に'pre_user_nickname'フィルターを呼び出す。
$nickname = apply_filters( 'pre_user_nickname', $nickname );
登録・更新前に'pre_user_first_name'フィルターを呼び出す。
$first_name = apply_filters( 'pre_user_first_name', $first_name );
登録・更新前に'pre_user_last_name'フィルターを呼び出す。
$last_name = apply_filters( 'pre_user_last_name', $last_name );
登録・更新前に'pre_user_display_name'フィルターを呼び出す。
$display_name = apply_filters( 'pre_user_display_name', $display_name );
登録・更新前に'pre_user_description'フィルターを呼び出す。
$description = apply_filters( 'pre_user_description', $description );

アクション

ユーザ情報を更新した後に'profile_update'アクションを呼び出す。$user_idには更新したユーザIDが、$old_user_dataには更新前のユーザ情報が格納される。
do_action( 'profile_update', $user_id, $old_user_data );
ユーザ情報を渡鹿した後に'user_register'アクションを呼び出す。$user_idには登録したユーザIDが格納される。
do_action( 'user_register', $user_id );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33