wp_insert_user

(2.0.0以降)
wp_insert_user - ユーザを登録する

説明

mixed wp_insert_user( mixed $userdata )
ユーザーを登録する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報を格納した連想配列またはオブジェクトを指定。指定できるユーザ情報の内容は次の通り。
    プロパティ意味格納先省略時の値
    'ID'ユーザIDwp_users省略可
    'user_login'ログイン名wp_users省略不可
    'user_pass'パスワードwp_users省略不可
    'user_email'メールアドレスwp_users省略時は''
    'user_url'URLwp_users省略時は''
    'user_nicename'URLに含められる名前wp_users省略時は'user_login'の値
    'display_name'表示名wp_users省略時は名前に関連する値から
    'user_registered'登録日時(書式は'Y-m-d H:i:s')wp_users現在のGMT日時
    'nickname'ニックネームwp_usermeta省略時は'user_login'の値
    'first_name'ファーストネームwp_usermeta省略時は''
    'last_name'ラストネームwp_usermeta省略時は''
    'description'説明wp_usermeta省略時は''
    'rich_editing'リッチエディタ使用wp_usermeta省略時は'true'
    'comment_shortcuts'コメントショートカットwp_usermeta省略時は'false'
    'admin_color'管理画面カラーwp_usermeta省略時は'fresh'
    'use_ssl'SSL使用wp_usermeta省略時は0
    'show_admin_bar_front'管理バー表示wp_usermeta省略時は'true'
    'role'ロールwp_usermeta省略時はget_option( 'default_role' )の値(登録時のみ)
    'jabber'Jabberアカウントwp_usermeta
    'aim'AOL IMアカウントwp_usermeta
    'yim'Yahoo IMアカウントwp_usermeta

返り値

ユーザ情報を登録・更新できた場合はそのユーザIDを返す。登録・更新できなかった場合は、そのエラー内容を格納したWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$userdataが'ID'プロパティを持つ場合は、そのユーザIDの示すユーザ情報を更新する。'ID'プロパティを持たない場合は、新規に登録する。

使用例

  • ユーザを登録する。
    <?php wp_insert_user( $userdata ); ?>

フィルター

登録・更新前に'pre_user_login'フィルターを呼び出す。
$user_login = apply_filters( 'pre_user_login', $user_login );
登録・更新前に'pre_user_nicename'フィルターを呼び出す。
$user_nicename = apply_filters( 'pre_user_nicename', $user_nicename );
登録・更新前に'pre_user_url'フィルターを呼び出す。
$user_url = apply_filters( 'pre_user_url', $user_url );
登録・更新前に'pre_user_email'フィルターを呼び出す。
$user_email = apply_filters( 'pre_user_email', $user_email );
登録・更新前に'pre_user_nickname'フィルターを呼び出す。
$nickname = apply_filters( 'pre_user_nickname', $nickname );
登録・更新前に'pre_user_first_name'フィルターを呼び出す。
$first_name = apply_filters( 'pre_user_first_name', $first_name );
登録・更新前に'pre_user_last_name'フィルターを呼び出す。
$last_name = apply_filters( 'pre_user_last_name', $last_name );
登録・更新前に'pre_user_display_name'フィルターを呼び出す。
$display_name = apply_filters( 'pre_user_display_name', $display_name );
登録・更新前に'pre_user_description'フィルターを呼び出す。
$description = apply_filters( 'pre_user_description', $description );
[4.9.0]ユーザ情報の追加または更新を行う前に'wp_pre_insert_user_data'フィルターを呼び出す。パラメータ$dataにはユーザ情報の連想配列が、$updateには更新時はtrue、追加時にはfalseが、$idは更新時ならユーザID、追加時はnullが格納されている。
$data = apply_filters( 'wp_pre_insert_user_data', $data, $update, $id );
[4.4.0]ユーザのメタ情報(ニックネームなど)を更新する前に'insert_user_meta'フィルターを呼び出す。パラメータ$dataにはメタ情報の連想配列が、$userにはユーザ情報(オブジェクト)が, $updateには更新時はtrue、追加時にはfalseが格納されている。
$meta = apply_filters( 'insert_user_meta', $meta, $user, $update );

アクション

ユーザ情報を更新した後に'profile_update'アクションを呼び出す。$user_idには更新したユーザIDが、$old_user_dataには更新前のユーザ情報が格納される。
do_action( 'profile_update', $user_id, $old_user_data );
ユーザ情報を渡鹿した後に'user_register'アクションを呼び出す。$user_idには登録したユーザIDが格納される。
do_action( 'user_register', $user_id );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2017-11-24 11:09