wp_is_ini_value_changeable

(4.6.0以降)
wp_is_ini_value_changeable - PHPの設定値が変更可能か調べる

説明

bool wp_is_ini_value_changeable( string $setting )
PHPの設定値が変更可能か調べる。

パラメータ

  • $setting
    設定名を指定。

返り値

指定された設定名の値が変更可能な場合はtrueを、変更できない場合はfalseを返す。

注意

テーマやプラグインでphp.iniなどに記述されているPHPの設定値を変更する場合、本関数を利用してその設定値が変更可能か確認し、変更できない場合の対応を考慮しておくのが望ましい。

使用例

  • 'memory_limit'の値が変更可能か調べる。
    <?php if ( wp_is_ini_value_changeable( 'memory_limit' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/load.php

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

最終更新日時 : 2016-08-17 14:55