wp_is_mobile

(3.4以降)
wp_is_mobile - モバイルデバイスからのリクエストか調べる

説明

bool wp_is_mobile()
モバイルデバイスからのリクエストか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

リクエストがモバイルデバイスならばtrueを、それ以外の場合はfalseを返す。

注意

ユーザーエージェント情報($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'])を調べ、'Mobile'、'Android'、'Silk/'、'Kindle'、'BlackBerry'、'Opera Mini'、'Opera Mobi'のいずれかが含まれている場合にtrueを返す(3.6.1現在)。

使用例

  • モバイルデバイスからのリクエストか調べる。
    <?php if ( wp_is_mobile() ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/vars.php

関連

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2013-09-24 11:34