wp_json_encode

(4.1.0以降)
wp_json_encode - データをJSON形式にエンコードする

説明

mixed wp_json_encode( mixed $data [ , int $options = 0 [ , int $depth = 512 ] ] )
データをJSON形式にエンコードする。

パラメータ

  • $data
    データを指定。
  • $options
    エンコードオプション値を指定(省略時は0)。詳細はJSON定義済み定数を参照。
  • $depth
    最大の深さを指定(省略時は512)。

返り値

パラメータ$dataをJSON形式にエンコードした文字列を返す。無効なデータの場合はfalseを返す。

注意

基本的にjson_encode関数を使用するが、PHPのバージョンによってパラメータ数が変わるため、この関数を使用することでバージョンの違いを吸収できる。またjson_encode関数ではデータに含まれる文字列はUTF-8でなければならないが、本関数の内部では他の文字エンコードの場合はUTF-8に変換しているため、任意の文字エンコードの文字列を使用できる。

使用例

  • 変数$dataをJSON形式にエンコードする。
    <?php $json = wp_json_encode( $data ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2014-12-23 00:16