wp_json_encode

(4.1.0以降)
wp_json_encode - データをJSON形式にエンコードする

説明

mixed wp_json_encode( mixed $data [ , int $options = 0 [ , int $depth = 512 ] ] )
データをJSON形式にエンコードする。

パラメータ

  • $data
    データを指定。
  • $options
    エンコードオプション値を指定(省略時は0)。詳細はJSON定義済み定数を参照。
  • $depth
    最大の深さを指定(省略時は512)。

返り値

パラメータ$dataをJSON形式にエンコードした文字列を返す。無効なデータの場合はfalseを返す。

注意

基本的にjson_encode関数を使用するが、PHPのバージョンによってパラメータ数が変わるため、この関数を使用することでバージョンの違いを吸収できる。またjson_encode関数ではデータに含まれる文字列はUTF-8でなければならないが、本関数の内部では他の文字エンコードの場合はUTF-8に変換しているため、任意の文字エンコードの文字列を使用できる。

使用例

  • 変数$dataをJSON形式にエンコードする。
    <?php $json = wp_json_encode( $data ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-12-23 00:16