wp_kses_allowed_html

(3.5.0以降)
wp_kses_allowed_html - 有効なHTMLタグ情報を取得する

説明

array wp_kses_allowed_html( [ string $context = '' ] )
有効なHTMLタグ情報を取得する。

パラメータ

  • $context
    コンテントタイプとして'post'、'user_description'、'pre_user_description'、'strip'、'entities'、'data'を指定(省略時は'')。

返り値

有効なHTMLタグ情報を連想配列で返す。

注意

標準では投稿情報は保存できるHTMLタグが制限されており、一部のHTMLタグは保存できない(保存時に取り除かれる)。この有効なHTMLタグ情報を調整する場合は、本関数の'wp_kses_allowed_html'フィルターが利用できる。

使用例

  • 投稿データの有効なHTMLタグ情報を取得する。
    <?php $tags = wp_kses_allowed_html( 'post' ); ?>

フィルター

パラメータ$contextに応じた有効なタグ情報を返す直前に'wp_kses_allowed_html'フィルターを呼び出す。パラメータ$tagsにはパラメータ$contextに応じた有効なタグ情報の配列となる。
return apply_filters( 'wp_kses_allowed_html', $tags, $context );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/kses.php

関連

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2014-01-13 17:05