wp_kses_post_deep

(4.4.2以降)
wp_kses_post_deep - 複数の投稿内容をサニタイズする

説明

mixed wp_kses_post_deep( mixed $data )
複数の投稿内容をサニタイズする。

パラメータ

  • $data
    投稿内容を含んだ配列(またはオブジェクト)を指定

返り値

パラメータ$dataに含まれる要素に対して投稿内容向けにサニタイズを行いその結果を返す。

注意

map_deepを使ってwp_kses_postを呼び出す。管理者向けページでは画像ファイルから読み込んだメタ情報に対して本関数を呼び出している。

使用例

  • 変数$attrsの内容をサニタイズする。
    <?php $attrs = wp_kses_post_deep( $attrs ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/kses.php

関連

  • map_deep - 変数内の要素についてコールバック関数を実行する
  • wp_kses_post - 投稿内容をサニタイズする

お勧めコンテンツ

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2016-02-23 19:00