wp_link_pages

(1.2.0以降)
wp_link_pages - 分割ページのリンクを表示する

説明

string wp_link_pages( [ mixed $args = '' ] )
分割ページのリンクをパラメータ$argsのecho値が1ならば表示する。echo値が0ならばその文字列を取得する。

パラメータ

  • $args
    表示条件を指定する文字列(または連想配列)。文字列の場合はname=valueの形式で指定し、複数の条件はname1=value1&name2=value2のように'&'の後に続ける。主なキーワードは次の通り。
    キーワード省略時の値意味
    before'<p>Pages:'全ページリンクの前に連結する文字列
    after'</p>'全ページリンクの後に連結する文字列
    link_before''各ページリンクの前に連結する文字列
    link_after''各ページリンクの後に連結する文字列
    next_or_number'number'リンクをページ番号で指定する場合は'number'を、それ以外の場合はnextpagelink値とpreviouspagelink値が有効になる
    nextpagelink'次のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    previouspagelink'前のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    pagelink'%'ページリンクの書式を指定。%を必ず含める必要があり、%が実際のページ番号に置き換わる(next_or_number値が'number'の場合に有効)
    more_file''
    echo1表示する場合は1、文字列として取得する場合は0

返り値

パラメータ$argsにecho値が0の場合は、リンクの文字列を返す。echo値が1(デフォルト)の場合は何も返さない。

注意

投稿情報が複数ページに分割されていない(<!--nextpage-->を含んでいない)場合は、何も表示されない。

使用例

  • 分割ページのリンクを表示する。
    <?php wp_link_pages( ); ?>

お勧めコンテンツ

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

最終更新日時 : 2009-12-17 15:44