wp_link_pages

(1.2.0以降)
wp_link_pages - 分割ページのリンクを表示する

説明

string wp_link_pages( [ mixed $args = '' ] )
分割ページのリンクをパラメータ$argsのecho値が1ならば表示する。echo値が0ならばその文字列を取得する。

パラメータ

  • $args
    表示条件を指定する文字列(または連想配列)。文字列の場合はname=valueの形式で指定し、複数の条件はname1=value1&name2=value2のように'&'の後に続ける。主なキーワードは次の通り。
    キーワード省略時の値意味
    before'<p>Pages:'全ページリンクの前に連結する文字列
    after'</p>'全ページリンクの後に連結する文字列
    link_before''各ページリンクの前に連結する文字列
    link_after''各ページリンクの後に連結する文字列
    next_or_number'number'リンクをページ番号で指定する場合は'number'を、それ以外の場合はnextpagelink値とpreviouspagelink値が有効になる
    nextpagelink'次のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    previouspagelink'前のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    pagelink'%'ページリンクの書式を指定。%を必ず含める必要があり、%が実際のページ番号に置き換わる(next_or_number値が'number'の場合に有効)
    more_file''
    echo1表示する場合は1、文字列として取得する場合は0

返り値

パラメータ$argsにecho値が0の場合は、リンクの文字列を返す。echo値が1(デフォルト)の場合は何も返さない。

注意

投稿情報が複数ページに分割されていない(<!--nextpage-->を含んでいない)場合は、何も表示されない。

使用例

  • 分割ページのリンクを表示する。
    <?php wp_link_pages( ); ?>

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2009-12-17 15:44