wp_link_pages

(1.2.0以降)
wp_link_pages - 分割ページのリンクを表示する

説明

string wp_link_pages( [ mixed $args = '' ] )
分割ページのリンクをパラメータ$argsのecho値が1ならば表示する。echo値が0ならばその文字列を取得する。

パラメータ

  • $args
    表示条件を指定する文字列(または連想配列)。文字列の場合はname=valueの形式で指定し、複数の条件はname1=value1&name2=value2のように'&'の後に続ける。主なキーワードは次の通り。
    キーワード省略時の値意味
    before'<p>Pages:'全ページリンクの前に連結する文字列
    after'</p>'全ページリンクの後に連結する文字列
    link_before''各ページリンクの前に連結する文字列
    link_after''各ページリンクの後に連結する文字列
    next_or_number'number'リンクをページ番号で指定する場合は'number'を、それ以外の場合はnextpagelink値とpreviouspagelink値が有効になる
    nextpagelink'次のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    previouspagelink'前のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    pagelink'%'ページリンクの書式を指定。%を必ず含める必要があり、%が実際のページ番号に置き換わる(next_or_number値が'number'の場合に有効)
    more_file''
    echo1表示する場合は1、文字列として取得する場合は0

返り値

パラメータ$argsにecho値が0の場合は、リンクの文字列を返す。echo値が1(デフォルト)の場合は何も返さない。

注意

投稿情報が複数ページに分割されていない(<!--nextpage-->を含んでいない)場合は、何も表示されない。

使用例

  • 分割ページのリンクを表示する。
    <?php wp_link_pages( ); ?>

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2009-12-17 15:44