wp_link_pages

(1.2.0以降)
wp_link_pages - 分割ページのリンクを表示する

説明

string wp_link_pages( [ mixed $args = '' ] )
分割ページのリンクをパラメータ$argsのecho値が1ならば表示する。echo値が0ならばその文字列を取得する。

パラメータ

  • $args
    表示条件を指定する文字列(または連想配列)。文字列の場合はname=valueの形式で指定し、複数の条件はname1=value1&name2=value2のように'&'の後に続ける。主なキーワードは次の通り。
    キーワード省略時の値意味
    before'<p>Pages:'全ページリンクの前に連結する文字列
    after'</p>'全ページリンクの後に連結する文字列
    link_before''各ページリンクの前に連結する文字列
    link_after''各ページリンクの後に連結する文字列
    next_or_number'number'リンクをページ番号で指定する場合は'number'を、それ以外の場合はnextpagelink値とpreviouspagelink値が有効になる
    nextpagelink'次のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    previouspagelink'前のページへ'(next_or_number値が'number'以外の場合に有効)
    pagelink'%'ページリンクの書式を指定。%を必ず含める必要があり、%が実際のページ番号に置き換わる(next_or_number値が'number'の場合に有効)
    more_file''
    echo1表示する場合は1、文字列として取得する場合は0

返り値

パラメータ$argsにecho値が0の場合は、リンクの文字列を返す。echo値が1(デフォルト)の場合は何も返さない。

注意

投稿情報が複数ページに分割されていない(<!--nextpage-->を含んでいない)場合は、何も表示されない。

使用例

  • 分割ページのリンクを表示する。
    <?php wp_link_pages( ); ?>

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

最終更新日時 : 2009-12-17 15:44