wp_list_categories

(2.1.0以降)
wp_list_categories - カテゴリーリストを表示または取得する

説明

string wp_list_categories( [ mixed $args = '' ] )
カテゴリーリストを表示または取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    show_option_allトップページURLのテキストを指定(省略時は'')
    show_option_noneカテゴリーがない場合のテキストを指定(省略時は__('No categories'))
    show_last_update最終更新日を出力する場合はtrue、出力しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    styleli要素で出力する場合は'list'を指定。それ以外はa要素の列挙となる(省略時は'list')
    show_count投稿数を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    use_desc_for_titletitle属性にカテゴリーの説明を指定する場合はtrue、カテゴリー名の場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    feedフィードリンクを付ける場合はそのテキストを指定(省略時は'')
    feed_typeフィードタイプを指定(省略時は'')
    feed_imageフィードリンクで使用する画像URLを指定(省略時は'')
    current_category現在の(投稿の)カテゴリーIDを指定(省略時は0)。
    title_li見出しを指定(省略時は__( 'Categories' ))
    echo表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    depth階層付きの場合はtrue、階層なし(フラット)の場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    taxonomyタクソノミーのスラッグを指定(省略時は'category')
    hide_title_if_empty[4.4.0]空の見出しを隠す(非表示にする)場合はtrueを指定(省略時はfalse)
    separator[4.4.0]区切り文字を指定(省略時は'<br />')

    内部で呼び出されるget_categoriesと共通するパラメータは次の通り。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はASC)
    hide_empty投稿記事がないカテゴリーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないカテゴリーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る。省略時は'')
    exclude_tree取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る。省略時は'')。指定されたIDのカテゴリーが子カテゴリーを持っている場合、それらの子カテゴリーも除外される。
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのカテゴリーの子孫がすべて対象となる。省略時はfalse)
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)

返り値

パラメータ$argsで'echo=0'を指定した場合はカテゴリーリストのHTMLテキストを返す。'echo=1'の場合は何も返さない。

注意

デフォルトでは'hide_empty'が1(true)のため、投稿のないカテゴリーは含まれない。投稿数に関係なくすべてのカテゴリーを表示(取得)する場合は、'hide_empty=0'を指定する。
なお、'taxonomy'で'category'以外を指定すると、投稿タグやその他のタクソノミーのリストを表示(取得)できる。

[4.4.0]'current_category'にはカテゴリーIDを指定できるが、4.4以降は配列で複数のカテゴリーIDを指定できる。

使用例

  • 投稿記事があるカテゴリーリストを表示する。
    <?php wp_list_categories(); ?>
  • 全てのカテゴリーリストを取得する。
    <?php $list = wp_list_categories( 'echo=0&hide_empty=0&hierarchical=1' ); ?>

フィルター

HTMLテキストを表示または返す直前にwp_list_categoriesフィルターを実行する。$outputにはHTMLテキストを、$argsにはこの関数のパラメータの値が入る。
$output = apply_filters( 'wp_list_categories', $output, $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2015-12-10 17:23