wp_list_comments

(2.7.0以降)
wp_list_comments - コメントリストを表示する

説明

string wp_list_comments( [ array $args = array() [ , array $comments = null ] ] )
コメントリストを表示する(またはそのHTMLテキストを取得する)。

パラメータ

  • $args
    連想配列でパラメータを指定(省略時はarray())。
    キー名意味省略時の値
    'walker'HTMLを生成するWalkerオブジェクトnull
    'max_depth'深度''
    'style'スタイルとして'ul'、'ol'(または'div')'ul'
    'callback'コールバック関数null
    'end-callback'終了時のコールバック関数null
    'type'有効なコメントタイプとして'all'、'comment'、'pingback'、'trackback'、'pings'のいずれか'all'
    'page'ページID''
    'per_page'1ページのコメント件数''
    'avatar_size'アバターサイズ32
    'reverse_top_level'トップレベルの表示順として'desc'、'asc'のいずれかnull
    'reverse_children'子コメントを逆転する場合はtrue''
    'formatフォーマットとして'html5'、'xhtml'のいずれかテーマがHTML5をサポートしている場合は'html5'
    'short_ping'ショートpingfalse
    'echo'表示する場合はtrueを指定true
  • $comments
    コメントオブジェクトの配列を指定(省略時はnull)。

返り値

パラメータ$args['echo']がfalseの場合はコメントリストのHTMLテキストを返す。パラメータ$args['echo']がfalse(コメントリストを表示)の場合、明示的には何も返さない(nullを返す)。

注意

コメントリストの生成は、デフォルトではWalker_Commentオブジェクトで行うが、パラメータ$args['walker']に任意のWalkerオブジェクトを指定できる。

この関数内でメインクエリー(WP_Query)オブジェクトである$wp_query->max_num_comment_pagesを更新している。

使用例

  • 現在の投稿のコメントリストを表示する。
    <?php wp_list_comments(); ?>
  • 現在の投稿のコメントリストを取得する。
    <?php $list = wp_list_comments( array( 'echo'=>false ) ); ?>
  • パラメータ$commentsをol要素で表示する。
    <?php wp_list_comments( array( 'style'=>'ol' ), $comments ); ?>

フィルター

[4.0.0]パラメータ$argsの初期設定後、'wp_list_comments_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$rには$argsに各要素のデフォルト値を設定した連想配列となる。
$r = apply_filters( 'wp_list_comments_args', $r );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment-template.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

最終更新日時 : 2014-09-18 13:00