wp_list_pages

説明

string wp_list_pages( [ mixed $args = '' ] )
固定ページを一覧表示する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    depth表示する階層レベルを指定(省略時は0)
    show_date更新日時を表示する場合は'modified'を指定(省略時は'')
    date_format日付の表示書式(省略時は一般設定の日付の書式を適用)
    title_liタイトルを指定(省略時は'固定ページ')
    link_before固定ページのリンクの前に入るテキスト(省略時は'')
    link_after固定ページのリンクの後に追加するテキスト(省略時は'')
    echo一覧を表示する場合は1、そのHTMLテキストを取得する場合は0を指定(省略時は1)
    walker一覧のHTMLを生成する関数を指定(省略時は'')
    child_of子孫のページを取得するための親固定ページのID(省略時は0)
    sort_order並び順として'ASC'か'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
    sort_columnソート対象として'ID'、'post_title'、'menu_order'などのカラム名か'rand'、'comment_count'を指定(省略時は'menu_order, post_title')
    exclude除外する固定ページのID(省略時はarray())
    include取得する固定ページのID(省略時はarray())
    authors投稿者ID。複数指定する場合は空白文字かカンマで区切る(省略時は'menu_order, post_title')

返り値

パラメータ$argsで'echo'が0の場合、指定された条件にマッチする固定ページ一覧のHTMLテキストを返す。'echo'が1の場合は何も返さない。

注意

内部では get_pages関数を呼び出すため、パラメータのいくつかは共通している。
'depth'を指定することで表示する階層レベルを指定でき、0の場合はすべてを表示する。
なお表示される順番は、デフォルトでは'menu_order, post_title'となっており、「タイトル」よりも「ページ属性」の「順序」が優先される。
また「固定ページ」というタイトルを表示したくない場合は、'title_li'に''を指定する。

使用例

  • すべての固定ページの一覧を表示する。
    <?php wp_list_pages(); ?>
  • すべての固定ページの一覧を取得する。
    <?php $pages = wp_list_pages( array( 'echo'=>0 ) ); ?>

フィルター

固定ページ一覧を表示(または返す)直前にwp_list_pagesフィルターが実行される。$outputには、固定ページ一覧のテキストが、$rには展開されたパラメータが格納される。
$output = apply_filters('wp_list_pages', $output, $r);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

最終更新 : 2015年04月28日 10:17



お勧め

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2018年5月27日 更新)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2018年5月27日 更新)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

Gutenbergでカスタムフィールドを使う(2018年8月10日 更新)

Gutenbergの新エディターではカスタムフィールドのウィジェットが表示されない。既存のカスタムフィールドのデータはなくなるわけでないので、新エディター上で編集・更新できないか調べてみた。

Login rebuilder 2.4.0の新機能を紹介(2018年5月27日 更新)

昨日、約半年ぶりにLogin rebuilderをアップデートし、著者ページ(author page)の閲覧を制限できる機能を追加した。この機能は、著者ページの閲覧によってユーザーIDが類推されることを防ぐことが目的としている。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。