wp_list_pages

(1.5.0以降)
wp_list_pages - 固定ページを一覧表示する

説明

string wp_list_pages( [ mixed $args = '' ] )
固定ページを一覧表示する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    depth表示する階層レベルを指定(省略時は0)
    show_date更新日時を表示する場合は'modified'を指定(省略時は'')
    date_format日付の表示書式(省略時は一般設定の日付の書式を適用)
    title_liタイトルを指定(省略時は'固定ページ')
    link_before固定ページのリンクの前に入るテキスト(省略時は'')
    link_after固定ページのリンクの後に追加するテキスト(省略時は'')
    echo一覧を表示する場合は1、そのHTMLテキストを取得する場合は0を指定(省略時は1)
    walker一覧のHTMLを生成する関数を指定(省略時は'')
    child_of子孫のページを取得するための親固定ページのID(省略時は0)
    sort_order並び順として'ASC'か'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
    sort_columnソート対象として'ID'、'post_title'、'menu_order'などのカラム名か'rand'、'comment_count'を指定(省略時は'menu_order, post_title')
    exclude除外する固定ページのID(省略時はarray())
    include取得する固定ページのID(省略時はarray())
    authors投稿者ID。複数指定する場合は空白文字かカンマで区切る(省略時は'menu_order, post_title')

返り値

パラメータ$argsで'echo'が0の場合、指定された条件にマッチする固定ページ一覧のHTMLテキストを返す。'echo'が1の場合は何も返さない。

注意

内部ではget_pages関数を呼び出すため、パラメータのいくつかは共通している。
'depth'を指定することで表示する階層レベルを指定でき、0の場合はすべてを表示する。
なお表示される順番は、デフォルトでは'menu_order, post_title'となっており、「タイトル」よりも「ページ属性」の「順序」が優先される。
また「固定ページ」というタイトルを表示したくない場合は、'title_li'に''を指定する。

使用例

  • すべての固定ページの一覧を表示する。
    <?php wp_list_pages(); ?>
  • すべての固定ページの一覧を取得する。
    <?php $pages = wp_list_pages( array( 'echo'=>0 ) ); ?>

フィルター

固定ページ一覧を表示(または返す)直前にwp_list_pagesフィルターが実行される。$outputには、固定ページ一覧のテキストが、$rには展開されたパラメータが格納される。
$output = apply_filters('wp_list_pages', $output, $r);

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_pages - 固定ページを取得する
  • wp_dropdown_pages - ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17