wp_list_pluck

(3.1.0以降)
wp_list_pluck - 配列内のオブジェクトまたは連想配列から特定の値だけを抽出する

説明

array wp_list_pluck( array $list, mixed $field [ , mixed $index_key = null ] )
配列内のオブジェクトまたは連想配列から特定の値だけを抽出する。

パラメータ

  • $list
    配列を指定。
  • $field
    オブジェクトのプロパティ名または連想配列のキーを指定。
  • $index_key
    格納先に指定するオブジェクトのプロパティ名または連想配列のキーを指定([4.0.0]で追加)。

返り値

指定されたプロパティ(または要素)だけの配列を返す。

注意

配列の中身がオブジェクトと配列のどちらでも利用できる。

パラメータ$index_keyは、4.0.0で追加されたもので、返り値となる配列のキーをすることができる。ただし、$index_keyがオブジェクトのプロパティ名または連想配列のキーでない場合は、返り値となる配列のキーは0から始まる数値となる。

使用例

  • 投稿情報の配列から投稿タイトルを抽出する。
    <?php $titles = wp_list_pluck( $posts, 'post_title' ); ?>
  • 投稿情報の配列から投稿タイトルを抽出し、投稿IDがキーの配列に格納する。
    <?php $titles = wp_list_pluck( $posts, 'post_title', 'ID' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

最終更新日時 : 2014-09-07 17:41