wp_list_pluck

(3.1.0以降)
wp_list_pluck - 配列内のオブジェクトまたは連想配列から特定の値だけを抽出する

説明

array wp_list_pluck( array $list, mixed $field [ , mixed $index_key = null ] )
配列内のオブジェクトまたは連想配列から特定の値だけを抽出する。

パラメータ

  • $list
    配列を指定。
  • $field
    オブジェクトのプロパティ名または連想配列のキーを指定。
  • $index_key
    格納先に指定するオブジェクトのプロパティ名または連想配列のキーを指定([4.0.0]で追加)。

返り値

指定されたプロパティ(または要素)だけの配列を返す。

注意

配列の中身がオブジェクトと配列のどちらでも利用できる。

パラメータ$index_keyは、4.0.0で追加されたもので、返り値となる配列のキーをすることができる。ただし、$index_keyがオブジェクトのプロパティ名または連想配列のキーでない場合は、返り値となる配列のキーは0から始まる数値となる。

使用例

  • 投稿情報の配列から投稿タイトルを抽出する。
    <?php $titles = wp_list_pluck( $posts, 'post_title' ); ?>
  • 投稿情報の配列から投稿タイトルを抽出し、投稿IDがキーの配列に格納する。
    <?php $titles = wp_list_pluck( $posts, 'post_title', 'ID' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

最終更新日時 : 2014-09-07 17:41