wp_list_sort

(4.7.0以降)
wp_list_sort - オブジェクトが格納された配列をソートする

説明

array wp_list_sort( array $list [ , mixed $orderby = array() [ , string $order = 'ASC' [ , bool $preserve_keys = false ] ] ] )
スラッグの配列をサニタイズする。

パラメータ

  • $list
    オブジェクトの配列を指定。
  • $orderby
    ソート対象のフィールド名かフィールド名の配列を指定(省略時はarray())。
  • $order
    $orderbyがフィールド名の場合のソート方向として'ASC'または'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
  • $preserve_keys
    配列キーを保持する場合はtrueを、保持しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

ソートされた配列を返す。

注意

投稿情報やターム情報といった任意のオブジェクトが格納された配列をソートする場合に使用する。パラメータ$orderbyはソート対象となる単独のフィールド名か、複数のフィールド名の連想配列を指定する。

パラメータ$orderbyを文字列で指定する場合は、パラメータ$orderがソート方向となる。

パラメータ$orderbyを連想配列で指定する場合は、キーがフィールド名でその値がソート方向を示す'ASC'または'DESC'を指定する。

使用例

  • 投稿内容が格納された$_postsを投稿タイトル順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, 'post_title' ); ?>
  • 投稿内容が格納された$_postsを新しく投稿した順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, 'post_date', 'DESC' ); ?>
  • 投稿内容が格納された$_postsをコメント数の多い順かつ更新順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, array( 'comment_count'=>'DESC', 'post_modified'=>'DESC' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2016-12-13 11:27