wp_list_sort

(4.7.0以降)
wp_list_sort - オブジェクトが格納された配列をソートする

説明

array wp_list_sort( array $list [ , mixed $orderby = array() [ , string $order = 'ASC' [ , bool $preserve_keys = false ] ] ] )
スラッグの配列をサニタイズする。

パラメータ

  • $list
    オブジェクトの配列を指定。
  • $orderby
    ソート対象のフィールド名かフィールド名の配列を指定(省略時はarray())。
  • $order
    $orderbyがフィールド名の場合のソート方向として'ASC'または'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
  • $preserve_keys
    配列キーを保持する場合はtrueを、保持しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

ソートされた配列を返す。

注意

投稿情報やターム情報といった任意のオブジェクトが格納された配列をソートする場合に使用する。パラメータ$orderbyはソート対象となる単独のフィールド名か、複数のフィールド名の連想配列を指定する。

パラメータ$orderbyを文字列で指定する場合は、パラメータ$orderがソート方向となる。

パラメータ$orderbyを連想配列で指定する場合は、キーがフィールド名でその値がソート方向を示す'ASC'または'DESC'を指定する。

使用例

  • 投稿内容が格納された$_postsを投稿タイトル順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, 'post_title' ); ?>
  • 投稿内容が格納された$_postsを新しく投稿した順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, 'post_date', 'DESC' ); ?>
  • 投稿内容が格納された$_postsをコメント数の多い順かつ更新順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, array( 'comment_count'=>'DESC', 'post_modified'=>'DESC' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2016-12-13 11:27