wp_list_sort

(4.7.0以降)
wp_list_sort - オブジェクトが格納された配列をソートする

説明

array wp_list_sort( array $list [ , mixed $orderby = array() [ , string $order = 'ASC' [ , bool $preserve_keys = false ] ] ] )
スラッグの配列をサニタイズする。

パラメータ

  • $list
    オブジェクトの配列を指定。
  • $orderby
    ソート対象のフィールド名かフィールド名の配列を指定(省略時はarray())。
  • $order
    $orderbyがフィールド名の場合のソート方向として'ASC'または'DESC'を指定(省略時は'ASC')。
  • $preserve_keys
    配列キーを保持する場合はtrueを、保持しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

ソートされた配列を返す。

注意

投稿情報やターム情報といった任意のオブジェクトが格納された配列をソートする場合に使用する。パラメータ$orderbyはソート対象となる単独のフィールド名か、複数のフィールド名の連想配列を指定する。

パラメータ$orderbyを文字列で指定する場合は、パラメータ$orderがソート方向となる。

パラメータ$orderbyを連想配列で指定する場合は、キーがフィールド名でその値がソート方向を示す'ASC'または'DESC'を指定する。

使用例

  • 投稿内容が格納された$_postsを投稿タイトル順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, 'post_title' ); ?>
  • 投稿内容が格納された$_postsを新しく投稿した順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, 'post_date', 'DESC' ); ?>
  • 投稿内容が格納された$_postsをコメント数の多い順かつ更新順にソートする。
    <?php $_posts = wp_list_sort( $_posts, array( 'comment_count'=>'DESC', 'post_modified'=>'DESC' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

最終更新日時 : 2016-12-13 11:27