wp_load_alloptions

説明

array wp_load_alloptions( [ bool $force_cache = false ] )
すべてのオプション情報を取得する。

パラメータ

  • $force_cache
    永続キャッシュからローカルキャッシュを更新する場合はtrueを指定(省略時、false)。

返り値

すべてのオプション情報を格納した連想配列を返す。

注意

WordPressのインストール時またはマルチサイトの場合、データベースから取得したオプション情報はキャッシュされない。

[[4.9.0]2つのフィルターが追加され、プラグインなどでオプション情報が操作可能になった。

[5.3.1]パラメータ$force_cacheが追加され、 wp_cache_get関数に引き継がれる。

[6.2.0]'pre_wp_load_alloptions'フィルターが追加され、このフィルターの返り値が配列の場合はその内容がオプション情報となり、以降の処理は行われない。


使用例

  • すべてのオプション情報を取得する。

フィルター

[6.2.0]オプションのキャッシュを取得する前に'pre_wp_load_alloptions'フィルターを呼び出す。パラメータ$alloptionsのデフォルト値はnullが、$force_cacheには本関数が受け取った内容が格納されている。
$alloptions = apply_filters( 'pre_wp_load_alloptions', $alloptions, $force_cache );
[4.9.0]オプションをキャッシュする前に'pre_cache_alloptions'フィルターを呼び出す。パラメータ$alloptionsにはすべてのオプションを格納した配列が格納されている。
$alloptions = apply_filters( 'pre_cache_alloptions', $alloptions );
[4.9.0]オプションを格納した配列を返す前に'pre_cache_alloptions'フィルターを呼び出す。パラメータ$alloptionsにはすべてのオプションを格納した配列が格納されている。
return apply_filters( 'alloptions', $alloptions );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

最終更新 : 2023年11月12日 15:10



お勧め

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年10月16日 更新)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

更新ボタンの横にスピナーを実装する(2019年5月14日 更新)

WordPressの管理画面ではAJAXを使って何らかの処理を行う際、数秒間の空き時間にアイコンがクルクル回る「スピナー」を表示しているところがある。今作っているプラグインでこの「スピナー」を使いたくなったので、実装方法を調べてみた。

ブロックエディターをちょっとだけカスタマイズしてみる(2021年11月3日 更新)

ブロックエディターで投稿を編集していると「ここは〇〇だったらいいのにな」と思うところがある。今回は、そんな気になるところをいくつか(自分好みに)調整してみた。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2018年5月27日 更新)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 更新)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。