wp_load_alloptions

(2.2.0以降)
wp_load_alloptions - すべてのオプション情報を取得する

説明

array wp_load_alloptions()
すべてのオプション情報を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

すべてのオプション情報を格納した連想配列を返す。

注意

WordPressのインストール時またはマルチサイトの場合、データベースから取得したオプション情報はキャッシュされない。

[[4.9.0]2つのフィルターが追加され、プラグインなどでオプション情報が操作可能になった。

使用例

  • すべてのオプション情報を取得する。
    $options = wp_load_alloptions(); ?>

フィルター

[4.9.0]オプションをキャッシュする前に'pre_cache_alloptions'を呼び出す。パラメータ$alloptionsにはすべてのオプションを格納した配列が格納されている。
$alloptions = apply_filters( 'pre_cache_alloptions', $alloptions );
[4.9.0]オプションを格納した配列を返す前に'pre_cache_alloptions'を呼び出す。パラメータ$alloptionsにはすべてのオプションを格納した配列が格納されている。
return apply_filters( 'alloptions', $alloptions );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/option.php

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2017-11-20 10:15