wp_login_form

(3.0.0以降)
wp_login_form - ログインフォームを表示する

説明

string wp_login_form( mixed $args )
シンプルなログインフォームを表示する。パラメータ$argsに'echo'=>falseが指定された場合は、表示せずにそのHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $args
    ログインフォームの各種パラメータを指定(連想配列)。キーワードは次の通り。
    キーワード省略時の値意味
    echotrueフォームを表示する場合はtrue、HTMLテキストを取得する場合はfalseを指定
    redirectsite_url( $_SERVER['REQUEST_URI'] )ログイン後の戻り先URL
    from_id'loginform'fromタグのID
    label_username__( 'Username' )ユーザー名ラベルのテキスト(日本語環境の省略時は'ユーザー名')
    label_password__( 'Password' )パスワードラベルのテキスト(日本語環境の省略時は'パスワード')
    label_remember__( 'Remember Me' )ログイン情報を記録チェックボックスのテキスト(日本語環境の省略時は'ログイン情報を記録')
    label_log_in__( 'Log In' )ログインボタンのテキスト(日本語環境の省略時は'ログイン')
    id_username'user_login'ユーザー名入力ボックスのID
    id_password'user_pass'パスワード入力ボックスのID
    id_remember'rememberme'ログイン情報を記録チェックボックスのID
    id_submit'wp-submit'ログインボタンのID
    remembertrueログイン情報を記録チェックボックスを表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定
    value_username''ユーザー名入力ボックスの初期値
    value_rememberfalseログイン情報を記録チェックボックスの初期値

返り値

パラメータ$argsに'echo'=>falseが指定された場合は、表示せずにそのHTMLテキストを返す。

注意

wp_login_url関数は、サイトのログインページのURLを表示・取得するが、この関数は(シンプルな)ログインフォームそのものを表示・取得できる。

使用例

  • ログインフォームを表示する。
    <?php wp_login_form( ); ?>
  • ログイン情報を記録チェックボックスを省いてログインフォームを表示する。
    <?php wp_login_form( array( 'remember'=>false ) ); ?>

関連

  • site_url - 現在のブログのサイトURLを取得する
  • wp_login_url - ログインURLを取得する
  • __ - 翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

最終更新日時 : 2010-06-22 12:27