wp_login_url

(2.7以降)
wp_login_url - ログインURLを取得する

説明

string wp_login_url( [ string $redirect = '' [ , bool $force_reauth = false ] ] )
ログインURLを取得する。

パラメータ

  • $redirect
    ログイン後にリダイレクトするURL(省略時は''となり、管理者向けトップページへ)。
  • $force_reauth
    [3.0.0]強制認証フラグでtrueの場合は強制認証向けとなる。

返り値

ログインURLを返す。

注意

利用者が未ログインの場合に有効。is_user_logged_in関数でログイン状態を確認してから使用すること。

使用例

  • ログインURLを取得する。
    <?php $link = wp_login_url( ); ?>

フィルター

[2.8.0][4.2.0]URLを返す前に'login_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$login_urlにはログインページのURL、$redirectにはログイン後のリダイレクト先URL、$force_reauth(4.2.0で追加)には強制認証フラグが格納される。
return apply_filters( 'login_url', $login_url, $redirect, $force_reauth );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2015-04-26 09:54