wp_login_url

(2.7以降)
wp_login_url - ログインURLを取得する

説明

string wp_login_url( [ string $redirect = '' [ , bool $force_reauth = false ] ] )
ログインURLを取得する。

パラメータ

  • $redirect
    ログイン後にリダイレクトするURL(省略時は''となり、管理者向けトップページへ)。
  • $force_reauth
    [3.0.0]強制認証フラグでtrueの場合は強制認証向けとなる。

返り値

ログインURLを返す。

注意

利用者が未ログインの場合に有効。is_user_logged_in関数でログイン状態を確認してから使用すること。

使用例

  • ログインURLを取得する。
    <?php $link = wp_login_url( ); ?>

フィルター

[2.8.0][4.2.0]URLを返す前に'login_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$login_urlにはログインページのURL、$redirectにはログイン後のリダイレクト先URL、$force_reauth(4.2.0で追加)には強制認証フラグが格納される。
return apply_filters( 'login_url', $login_url, $redirect, $force_reauth );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

最終更新日時 : 2015-04-26 09:54