wp_logout_url

(2.7以降)
wp_logout_url - ログアウトURLを取得する

説明

string wp_logout_url( [ string $redirect = '' ] )
ログアウトURLを取得する。

パラメータ

  • $redirect
    ログイン後にリダイレクトするURL(省略時は''となり、管理者向けトップページへ)。

返り値

ログインURLを返す。

注意

利用者がログイン済みの場合に有効。is_user_logged_in関数でログイン状態を確認してから使用すること。

使用例

  • ログアウトURLを取得する。
    <?php $link = wp_logout_url( ); ?>

フィルター

[2.8.0]ログアウトURLを返す前に'logout_url'フィルターを呼び出す。パラメータ$logout_urlにはログアウトURLが、$redirectは本関数が受け取ったパラメータの内容が格納されている。
return apply_filters( 'logout_url', $logout_url, $redirect );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

最終更新日時 : 2015-05-06 09:23