wp_mail

wp_mail - メールを送信する

説明

bool wp_mail( string $to, string $subject, string $message [ , mixed $headers = '' [ , mixed $attachments = array() ] ] )
メールを送信する。

パラメータ

  • $to
    送信先メールアドレスを指定。
  • $subject
    メールタイトルを指定。
  • $message
    メール本文を指定。
  • $headers
    メールヘッダー情報を文字列または配列で指定(省略時は'')。
  • $attachments
    添付ファイルを文字列または配列で指定(省略時はarray())。

返り値

メールを送信できた場合はtrueを。送信できなかった場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$headersで送信元('from')が省略された場合は、名前は'WordPress'、メールアドレスは'wordpress@'サイト名('www.'から始まる場合は除外される)が適用される。
パラメータ$headersでコンテント情報('content-type')が省略された場合は、content-typeが'text/plain'、charsetが'UTF-8'が適用される。

使用例

  • 送信元を省略してメールを送信する。
    <?php @wp_mail( $to, $subject, $message ); ?>
  • 送信元を指定してメールを送信する。
    <?php
    $blogname = wp_specialchars_decode( get_option( 'blogname' ), ENT_QUOTES );
    $wp_email = 'wordpress@'.preg_replace( '#^www\.#', '', strtolower( $_SERVER['SERVER_NAME'] ) );
    $headers = "From: \"{$blogname}\" <{$wp_email}>\n".
    	"Content-Type: text/plain; charset=\"UTF-8\"\n";
    @wp_mail( $to, $subject, $message, $headers );
    ?>

フィルター

本関数の冒頭で'wp_mail'フィルターを呼び出す。パラメータ$paramsは本関数で受け取った5つのパラメータを格納した連想配列となる。
extract( apply_filters( 'wp_mail', $params ) );
メールの送信者メールアドレスの確定前に'wp_mail_from'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前のメールアドレスとなる。
$from = apply_filters( 'wp_mail_from', $from_email );
メールの送信者名の確定前に'wp_mail_from_name'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前の送信者名となる。
$from_name = apply_filters( 'wp_mail_from_name', $from_name );
メールのcontent-typeの確定前に'wp_mail_content_type'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前のcontent-typeとなる。
$content_type = apply_filters( 'wp_mail_content_type', $content_type );
メールのcharsetの確定前に'wp_mail_charset'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前のcharsetとなる。
$charset = apply_filters( 'wp_mail_charset', $charset );

アクション

メールを送信する直前に'phpmailer_init'アクションを呼び出す。パラメータはPHPMailerクラスのオブジェクトが格納された配列となる。
do_action_ref_array( 'phpmailer_init', array( &$phpmailer ) );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

お勧めコンテンツ

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2014-07-31 21:54