wp_mail

wp_mail - メールを送信する

説明

bool wp_mail( string $to, string $subject, string $message [ , mixed $headers = '' [ , mixed $attachments = array() ] ] )
メールを送信する。

パラメータ

  • $to
    送信先メールアドレスを指定。
  • $subject
    メールタイトルを指定。
  • $message
    メール本文を指定。
  • $headers
    メールヘッダー情報を文字列または配列で指定(省略時は'')。
  • $attachments
    添付ファイルを文字列または配列で指定(省略時はarray())。

返り値

メールを送信できた場合はtrueを。送信できなかった場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$headersで送信元('from')が省略された場合は、名前は'WordPress'、メールアドレスは'wordpress@'サイト名('www.'から始まる場合は除外される)が適用される。
パラメータ$headersでコンテント情報('content-type')が省略された場合は、content-typeが'text/plain'、charsetが'UTF-8'が適用される。

使用例

  • 送信元を省略してメールを送信する。
    <?php @wp_mail( $to, $subject, $message ); ?>
  • 送信元を指定してメールを送信する。
    <?php
    $blogname = wp_specialchars_decode( get_option( 'blogname' ), ENT_QUOTES );
    $wp_email = 'wordpress@'.preg_replace( '#^www\.#', '', strtolower( $_SERVER['SERVER_NAME'] ) );
    $headers = "From: \"{$blogname}\" <{$wp_email}>\n".
    	"Content-Type: text/plain; charset=\"UTF-8\"\n";
    @wp_mail( $to, $subject, $message, $headers );
    ?>

フィルター

本関数の冒頭で'wp_mail'フィルターを呼び出す。パラメータ$paramsは本関数で受け取った5つのパラメータを格納した連想配列となる。
extract( apply_filters( 'wp_mail', $params ) );
メールの送信者メールアドレスの確定前に'wp_mail_from'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前のメールアドレスとなる。
$from = apply_filters( 'wp_mail_from', $from_email );
メールの送信者名の確定前に'wp_mail_from_name'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前の送信者名となる。
$from_name = apply_filters( 'wp_mail_from_name', $from_name );
メールのcontent-typeの確定前に'wp_mail_content_type'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前のcontent-typeとなる。
$content_type = apply_filters( 'wp_mail_content_type', $content_type );
メールのcharsetの確定前に'wp_mail_charset'フィルターを呼び出す。パラメータは確定前のcharsetとなる。
$charset = apply_filters( 'wp_mail_charset', $charset );

アクション

メールを送信する直前に'phpmailer_init'アクションを呼び出す。パラメータはPHPMailerクラスのオブジェクトが格納された配列となる。
do_action_ref_array( 'phpmailer_init', array( &$phpmailer ) );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2014-07-31 21:54