wp_make_link_relative

(2.1.0以降)
wp_make_link_relative - URLからフルパス名を取得する

説明

mixed wp_make_link_relative( mixed $link )
URLからフルパス名を取得する。

パラメータ

  • $link
    URLまたはURLの配列を指定。

返り値

フルパス名またはフルパス名の配列を返す。

注意

パラメータ$linkにはURLだけでなく、URLの配列を指定でき、それに応じて返り値も変わる。4.1.0からはURIスキーム(http:またはhttps:)がなくてもパス名が取得できる。

$link4.1.04.0.1以前
'http://localhost/?p=1''/?p=1''/?p=1'
'//localhost/?p=1''/?p=1''//localhost/?p=1'

使用例

  • URLからフルパス名を取得する。
    <?php $path = wp_make_link_relative( $url ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2014-12-19 15:28