wp_mkdir_p

(2.0.1以降)
wp_mkdir_p - ディレクトリを作成する

説明

bool wp_mkdir_p( string $target )
ディレクトリを再帰的に作成する。

パラメータ

  • $target
    ディレクトリのフルパス名。

返り値

パラメータ$targetで指定されたディレクトリを作成できた場合はtrueを、作成できなかった場合はfalseを返す。なお、ディレクトリが存在する場合もtrueを返す。

注意

パラメータ$targetで指定されたパス名について、途中階層のディレクトリが存在しない場合はそれらのディレクトリも作成される。
作成したディレクトリの属性は、その親ディレクトリの属性が引き継がれる。

使用例

  • 自テーマ内にcacheディレクトリを作成する。
    <?php wp_mkdir_p( STYLESHEETPATH . '/cache' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_upload_bits - データをアップロードファイルとして保存する
  • wp_upload_dir - アップロードディレクトリ(パス名)を取得する

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2014-11-27 14:48