wp_mkdir_p

(2.0.1以降)
wp_mkdir_p - ディレクトリを作成する

説明

bool wp_mkdir_p( string $target )
ディレクトリを再帰的に作成する。

パラメータ

  • $target
    ディレクトリのフルパス名。

返り値

パラメータ$targetで指定されたディレクトリを作成できた場合はtrueを、作成できなかった場合はfalseを返す。なお、ディレクトリが存在する場合もtrueを返す。

注意

パラメータ$targetで指定されたパス名について、途中階層のディレクトリが存在しない場合はそれらのディレクトリも作成される。
作成したディレクトリの属性は、その親ディレクトリの属性が引き継がれる。

使用例

  • 自テーマ内にcacheディレクトリを作成する。
    <?php wp_mkdir_p( STYLESHEETPATH . '/cache' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_upload_bits - データをアップロードファイルとして保存する
  • wp_upload_dir - アップロードディレクトリ(パス名)を取得する

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

最終更新日時 : 2014-11-27 14:48