wp_mkdir_p

(2.0.1以降)
wp_mkdir_p - ディレクトリを作成する

説明

bool wp_mkdir_p( string $target )
ディレクトリを再帰的に作成する。

パラメータ

  • $target
    ディレクトリのフルパス名。

返り値

パラメータ$targetで指定されたディレクトリを作成できた場合はtrueを、作成できなかった場合はfalseを返す。なお、ディレクトリが存在する場合もtrueを返す。

注意

パラメータ$targetで指定されたパス名について、途中階層のディレクトリが存在しない場合はそれらのディレクトリも作成される。
作成したディレクトリの属性は、その親ディレクトリの属性が引き継がれる。

使用例

  • 自テーマ内にcacheディレクトリを作成する。
    <?php wp_mkdir_p( STYLESHEETPATH . '/cache' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_upload_bits - データをアップロードファイルとして保存する
  • wp_upload_dir - アップロードディレクトリ(パス名)を取得する

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2014-11-27 14:48