wp_mkdir_p

(2.0.1以降)
wp_mkdir_p - ディレクトリを作成する

説明

bool wp_mkdir_p( string $target )
ディレクトリを再帰的に作成する。

パラメータ

  • $target
    ディレクトリのフルパス名。

返り値

パラメータ$targetで指定されたディレクトリを作成できた場合はtrueを、作成できなかった場合はfalseを返す。なお、ディレクトリが存在する場合もtrueを返す。

注意

パラメータ$targetで指定されたパス名について、途中階層のディレクトリが存在しない場合はそれらのディレクトリも作成される。
作成したディレクトリの属性は、その親ディレクトリの属性が引き継がれる。

使用例

  • 自テーマ内にcacheディレクトリを作成する。
    <?php wp_mkdir_p( STYLESHEETPATH . '/cache' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_upload_bits - データをアップロードファイルとして保存する
  • wp_upload_dir - アップロードディレクトリ(パス名)を取得する

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

最終更新日時 : 2014-11-27 14:48