wp_nav_menu

(3.0.0以降)
wp_nav_menu - ナビゲーションメニューを表示する

説明

string wp_nav_menu( [ array $args = array() ] )
ナビゲーションメニューを表示する(パラメータ'echo'がtrueの場合)。パラメータ'echo'がfalseの場合は、ナビゲーションメニューの文字列(HTMLコード)を返す。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する連想配列。キーワードは次の通り。
    キーワード省略時の値意味
    menu''カスタムメニューのIDを指定
    container'div'ナビゲーションメニューを囲むタグ名を指定
    container_class''ナビゲーションメニューを囲むタグのクラス名を指定
    container_id''ナビゲーションメニューを囲むタグのIDを指定
    menu_class'menu'ナビゲーションメニューを囲むタグのクラス名を指定
    menu_id''ナビゲーションメニューを囲むタグのIDを指定
    echotrueナビゲーションメニューを表示する場合はtrue、文字列として取得する場合はfalseを指定
    fallback_cb'wp_page_menu'メニューが存在しない場合に実行するコールバック関数名を指定(wp_page_menu)
    before''メニューのリンク(aタグ)の前に出力する文字列を指定
    after''メニューのリンク(aタグ)の後に出力する文字列を指定
    link_before''メニューの文字列の前に出力する文字列を指定
    link_after''メニューの文字列の後に出力する文字列を指定
    items_wrap'<ul id="%1$s" class="%2$s">%3$s</ul>'[3.1.0]メニューリストのパターンを指定
    depth0階層数を指定(0はすべてを表示、1ならばメニューバーのみ)。
    walker''コールバック関数名を指定
    theme_locaution''テーマ内のロケーションIDを指定。

返り値

パラメータ'echo'がtrueの場合は何も返さない。パラメータ'echo'がfalseの場合はメニュータグの文字列を返す。

注意

カスタムメニューを使用しない場合と使用する場合とでは、出力されるタグの構造が微妙に異なる。

使用例

  • ナビゲーションメニューを表示する。
    <?php wp_nav_menu( array( 'container_class' => 'menu-header', 'theme_locaution' => 'primary' ) ); ?>
  • ナビゲーションメニューを取得する。
    <?php $nav = wp_nav_menu( array( 'container_class' => 'menu-header', 'theme_locaution' => 'primary', 'echo' => false ) ); ?>

フィルター

[3.0.0]受け取ったパラメータと標準値をマージ後、'wp_nav_menu_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$argsには標準値とマージ済みの引数が格納された連想配列となる。
$args = apply_filters( 'wp_nav_menu_args', $args );
[3.9.0]メニューHTMLを高速生成に対応するため'pre_wp_nav_menu'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputは標準でnull、$argsには標準値とマージ済みの引数が格納された連想配列となる。
$nav_menu = apply_filters( 'pre_wp_nav_menu', $output, $args );
[3.0.0]メニューHTMLのコンテナ部分で使用できるタグを調べるため、'wp_nav_menu_container_allowedtags'フィルターを呼び出す。パラメータ$tagsはタグの配列で標準では array( 'div', 'nav' ) が格納されている。
$allowed_tags = apply_filters( 'wp_nav_menu_container_allowedtags', $tags );
[3.1.0]メニューアイテムHTMLの生成前に'wp_nav_menu_objects'フィルターを呼び出す。パラメータ$sorted_menu_itemsにはソート済みのメニューアイテム情報の配列、$argsには標準値とマージ済みの引数が格納された連想配列となる。
$sorted_menu_items = apply_filters( 'wp_nav_menu_objects', $sorted_menu_items, $args );
[3.0.0]メニューHTMLの生成前に'wp_nav_menu_items'フィルターを呼び出す。パラメータ$itemsにはメニューアイテムHTML、$argsには標準値とマージ済みの引数が格納された連想配列となる。
$items = apply_filters( 'wp_nav_menu_items', $items, $args );
[3.0.0]'wp_nav_menu_items'フィルターの直後に'wp_nav_menu_{$menu->slug}_items'フィルターを呼び出す。特定のメニューのみ操作する場合はこちらを使用するのが便利。パラメータ$itemsにはメニューアイテムHTML、$argsには標準値とマージ済みの引数が格納された連想配列となる。
$items = apply_filters( "wp_nav_menu_{$menu->slug}_items", $items, $args );
[3.0.0]メニューHTMLを出力する直前に'wp_nav_menu'フィルターを呼び出す。パラメータ$nav_menuにはメニューHTML、$argsには標準値とマージ済みの引数が格納された連想配列となる。
$nav_menu = apply_filters( 'wp_nav_menu', $nav_menu, $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/nav-menu-template.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2014-12-15 14:28