wp_nonce_field

(2.0.4以降)
wp_nonce_field - nonce用フォームパラメータを表示する

説明

string wp_nonce_field( [ mixed $action = -1 [ , string $name = "_wpnonce" [ , bool $referer = true [ , bool $echo = true ] ] ] ] )
nonce用フォームパラメータ(HTMLタグ)を表示する。

パラメータ

  • $action
    ハッシュ生成時の文字列または数値を指定(省略時は-1)。
  • $name
    nonce用ハッシュ値のタグ名を指定(省略時は'_wpnonce')。
  • $referer
    リファラータグを出力する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。
  • $echo
    nonce用HTMLタグを表示する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

nonce用フォームパラメータを返す。

注意

プラグインやテーマのフォーム内で呼び出して使用する。埋め込んだnonce用の値の妥当性は、サブミット時にcheck_admin_referer関数でチェックする。

次の例に示すhidden属性のinputタグをパラメータ$nameの名前で出力する。
<input type="hidden" id="_wpnonce" name="_wpnonce" value="a0360fd7b2" />
パラメータ$refererがtrueの場合は、次のようなhidden属性のinputタグも出力する。
<input type="hidden" name="_wp_http_referer" value="/wp-admin/options-general.php?page=my-plugin-properties">

使用例

  • nonce用フォームパラメータを表示する。
    <?php wp_nonce_field( 'my-plugin' ); ?>
  • nonce用フォームパラメータを取得する。
    <?php wp_nonce_field( 'my-plugin', '_wpnonce', true, false ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2014-05-19 09:37