wp_nonce_field

(2.0.4以降)
wp_nonce_field - nonce用フォームパラメータを表示する

説明

string wp_nonce_field( [ mixed $action = -1 [ , string $name = "_wpnonce" [ , bool $referer = true [ , bool $echo = true ] ] ] ] )
nonce用フォームパラメータ(HTMLタグ)を表示する。

パラメータ

  • $action
    ハッシュ生成時の文字列または数値を指定(省略時は-1)。
  • $name
    nonce用ハッシュ値のタグ名を指定(省略時は'_wpnonce')。
  • $referer
    リファラータグを出力する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。
  • $echo
    nonce用HTMLタグを表示する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。

返り値

nonce用フォームパラメータを返す。

注意

プラグインやテーマのフォーム内で呼び出して使用する。埋め込んだnonce用の値の妥当性は、サブミット時にcheck_admin_referer関数でチェックする。

次の例に示すhidden属性のinputタグをパラメータ$nameの名前で出力する。
<input type="hidden" id="_wpnonce" name="_wpnonce" value="a0360fd7b2" />
パラメータ$refererがtrueの場合は、次のようなhidden属性のinputタグも出力する。
<input type="hidden" name="_wp_http_referer" value="/wp-admin/options-general.php?page=my-plugin-properties">

使用例

  • nonce用フォームパラメータを表示する。
    <?php wp_nonce_field( 'my-plugin' ); ?>
  • nonce用フォームパラメータを取得する。
    <?php wp_nonce_field( 'my-plugin', '_wpnonce', true, false ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2014-05-19 09:37