wp_nonce_tick

(2.5.0以降)
wp_nonce_tick - nonce用の時間依存値を取得する

説明

int wp_nonce_tick()
nonce用の時間依存値を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

nonce用の時間依存値を返す。

注意

nonce用ハッシュ値を生成するwp_create_nonce関数から呼び出されている。nonce用ハッシュ値の有効期間を変更する場合は、'nonce_life'フィルターを利用すればいい。

使用例

  • nonce用の時間依存値を取得する。
    <?php $tick = wp_nonce_tick(); ?>

フィルター

[2.5.0]時間依存値を返す直前に'nonce_life'フィルターを呼び出す。呼び出し時のパラメータ$nonce_lifeは標準で86400(1日の秒数)となっており、変えす値によってnonceの有効時間を調整できる。
$nonce_life = apply_filters( 'nonce_life', $nonce_life );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:33