wp_oembed_get

(2.9.0以降)
wp_oembed_get - oEmbedに対応したページの埋め込み用コンテンツを取得する

説明

mixed wp_oembed_get( string $url [ , mixed $args = '' ] )
oEmbedに対応したページの埋め込み用コンテンツを取得する。

パラメータ

  • $url
    oEmbedに対応したページのURLを指定。
  • $args
    URLへ付与するパラメータの配列を指定(省略時は'')。

返り値

URLで指定したコンテンツを取得できた場合はそのHTML文字列を返す。取得できなかった場合はfalseを返す。

注意

Twitter対応は3.4.0以降。表示用のスタイルとしてembed.cssを読み込んでいるが、これはコンテンツに含まれるwidgets.jsによって組み込まれており、サイト側で意識する必要はない。

使用例

  • ツイートの埋め込み用コンテンツを取得する。
    <?php $twit = wp_oembed_get( 'https://twitter.com/jawordpressorg/status/210582615336554497' ); ?>
    取得した$twitの内容は次の通り(ここでは多少見やすくするために改行しているが、実際の内容は改行していない)。
    <blockquote class="twitter-tweet" width="550" lang="ja">
    <p>[東京] 第3回ゼロからはじめるWordPress勉強会 <a href="http://t.co/23cDIlVx" title="http://t.co/23cDIlVx">t.co/23cDIlVx</a> <a  href="https://twitter.com/search/%2523wordpressjp">#wordpressjp</a></p>
    &mdash; WordPress.org 日本語さん (@jawordpressorg) <a href="https://twitter.com/jawordpressorg/status/210582615336554497" data-datetime="2012-06-07T04:03:02+00:00">6月 7, 2012</a>
    </blockquote>
    <script src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
    

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40