wp_parse_args

(2.2.0以降)
wp_parse_args - クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する

説明

array wp_parse_args( mixed $args, mixed $defaults = '' )
クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する。

パラメータ

  • $args
    パラメータとなる連想配列またはオブジェクト、クエリー文字列の何れかを指定。
  • $defaults
    デフォルトのパラメータ値の連想配列を指定(省略時は'')。

返り値

結合した連想配列を返す。

注意

パラメータ$argsに'post=44&action=edit'、$defaultsがarray( 'post'=>0,'action'='new', 'post_type'=>'post' )の場合、この関数の戻り値は次のようになる。
array( 'post' => 44, 'action' => 'edit', 'post_type' => 'post' )

使用例

  • クエリー文字列が格納された変数$argsの内容を解析した連想配列を取得する。
    <?php $args = wp_parse_args( $args ); ?>
  • 変数$argsとデフォルトパラメータの連想配列を結合したパラメータ全種の連想配列を取得する。
    <?php $args = wp_parse_args( $args, array( 'type'=>'', 'number'=>10, 'status'=>'publish' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_parse_str - クエリー文字列を解析して連想配列に格納する

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2012-07-19 17:11