wp_parse_args

(2.2.0以降)
wp_parse_args - クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する

説明

array wp_parse_args( mixed $args, mixed $defaults = '' )
クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する。

パラメータ

  • $args
    パラメータとなる連想配列またはオブジェクト、クエリー文字列の何れかを指定。
  • $defaults
    デフォルトのパラメータ値の連想配列を指定(省略時は'')。

返り値

結合した連想配列を返す。

注意

パラメータ$argsに'post=44&action=edit'、$defaultsがarray( 'post'=>0,'action'='new', 'post_type'=>'post' )の場合、この関数の戻り値は次のようになる。
array( 'post' => 44, 'action' => 'edit', 'post_type' => 'post' )

使用例

  • クエリー文字列が格納された変数$argsの内容を解析した連想配列を取得する。
    <?php $args = wp_parse_args( $args ); ?>
  • 変数$argsとデフォルトパラメータの連想配列を結合したパラメータ全種の連想配列を取得する。
    <?php $args = wp_parse_args( $args, array( 'type'=>'', 'number'=>10, 'status'=>'publish' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • wp_parse_str - クエリー文字列を解析して連想配列に格納する

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2012-07-19 17:11