wp_parse_str

(2.2.1以降)
wp_parse_str - クエリー文字列を解析して連想配列に格納する

説明

void wp_parse_str( string $string, array &$array )
クエリー文字列を解析して連想配列に格納する。

パラメータ

  • $string
    クエリー文字列を指定。
  • $array
    連想配列の格納先を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$stringに'post=44&action=edit'の場合、この関数実行後の$arrayは次のようになる。
array( 'post' => 44, 'action' => 'edit' )

使用例

  • 変数$query_stringを解析して$argsに格納する。
    <?php wp_parse_str( $query_string, $args ); ?>

フィルター

文字列を解析し$arrayに格納した後で wp_parse_str フィルターを実行する。パラメータ$arrayには解析結果の内容が連想配列として格納されている。
$array = apply_filters( 'wp_parse_str', $array );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • wp_parse_args - クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する

お勧めコンテンツ

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

最終更新日時 : 2012-07-19 16:39