wp_parse_str

(2.2.1以降)
wp_parse_str - クエリー文字列を解析して連想配列に格納する

説明

void wp_parse_str( string $string, array &$array )
クエリー文字列を解析して連想配列に格納する。

パラメータ

  • $string
    クエリー文字列を指定。
  • $array
    連想配列の格納先を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$stringに'post=44&action=edit'の場合、この関数実行後の$arrayは次のようになる。
array( 'post' => 44, 'action' => 'edit' )

使用例

  • 変数$query_stringを解析して$argsに格納する。
    <?php wp_parse_str( $query_string, $args ); ?>

フィルター

文字列を解析し$arrayに格納した後で wp_parse_str フィルターを実行する。パラメータ$arrayには解析結果の内容が連想配列として格納されている。
$array = apply_filters( 'wp_parse_str', $array );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • wp_parse_args - クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2012-07-19 16:39