wp_parse_str

(2.2.1以降)
wp_parse_str - クエリー文字列を解析して連想配列に格納する

説明

void wp_parse_str( string $string, array &$array )
クエリー文字列を解析して連想配列に格納する。

パラメータ

  • $string
    クエリー文字列を指定。
  • $array
    連想配列の格納先を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$stringに'post=44&action=edit'の場合、この関数実行後の$arrayは次のようになる。
array( 'post' => 44, 'action' => 'edit' )

使用例

  • 変数$query_stringを解析して$argsに格納する。
    <?php wp_parse_str( $query_string, $args ); ?>

フィルター

文字列を解析し$arrayに格納した後で wp_parse_str フィルターを実行する。パラメータ$arrayには解析結果の内容が連想配列として格納されている。
$array = apply_filters( 'wp_parse_str', $array );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • wp_parse_args - クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

最終更新日時 : 2012-07-19 16:39