wp_parse_str

(2.2.1以降)
wp_parse_str - クエリー文字列を解析して連想配列に格納する

説明

void wp_parse_str( string $string, array &$array )
クエリー文字列を解析して連想配列に格納する。

パラメータ

  • $string
    クエリー文字列を指定。
  • $array
    連想配列の格納先を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$stringに'post=44&action=edit'の場合、この関数実行後の$arrayは次のようになる。
array( 'post' => 44, 'action' => 'edit' )

使用例

  • 変数$query_stringを解析して$argsに格納する。
    <?php wp_parse_str( $query_string, $args ); ?>

フィルター

文字列を解析し$arrayに格納した後で wp_parse_str フィルターを実行する。パラメータ$arrayには解析結果の内容が連想配列として格納されている。
$array = apply_filters( 'wp_parse_str', $array );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • wp_parse_args - クエリー文字列を解析し、各パラメータのデフォルト値とマージした連想配列を取得する

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

最終更新日時 : 2012-07-19 16:39