wp_parse_url

説明

mixed wp_parse_url( string $url [ , int $component = -1 ] )
URLをパースして構成要素を取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $component
    [4.7.0]取得する構成要素を指定(省略時は-1)。

返り値

パラメータ$componentが-1の場合はURLの構成要素を格納した連想配列を返す。$componentが構成要素を指定する値の場合はその内容を返す。URLが無効か、$componentの値が無効な場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$componentが-1の場合に取得できる連想配列のキーと、それぞれの部分を取得する際に指定てきるPHPの定数は次の通りとなる。

キー意味対応する$componentの値
'scheme'スキーマ(例: 'http')PHP_URL_SCHEME
'host'ホストPHP_URL_HOST
'port'ポート番号(例: 80)PHP_URL_PORT
'user'ユーザ名PHP_URL_USER
'pass'パスワードPHP_URL_PASSE
'path'パスPHP_URL_PATH
'query'クエリー部(?以降の部分)PHP_URL_QUERY
'fragment'フラグメント部(#以降の部分)PHP_URL_FRAGMENT

パラメータ$urlが'//'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーは除外される。また'/'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーおよび'host'キーは除外される。


使用例

  • パラメータ$urlの構成要素を取得する。
    <?php $array = wp_parse_url( $url ); ?>
  • パラメータ$urlのパス部分を取得する。
    <?php $path = wp_parse_url( $url, PHP_URL_PATH ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:44


お勧め

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2013年3月9日 更新)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 更新)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 更新)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2017年12月17日 更新)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

Login rebuilder 2.4.0の新機能を紹介(2018年5月27日 更新)

昨日、約半年ぶりにLogin rebuilderをアップデートし、著者ページ(author page)の閲覧を制限できる機能を追加した。この機能は、著者ページの閲覧によってユーザーIDが類推されることを防ぐことが目的としている。