wp_parse_url

(4.4.0以降)
wp_parse_url - URLをパースして構成要素を取得する

説明

mixed wp_parse_url( string $url [ , int $component = -1 ] )
URLをパースして構成要素を取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $component
    [4.7.0]取得する構成要素を指定(省略時は-1)。

返り値

パラメータ$componentが-1の場合はURLの構成要素を格納した連想配列を返す。$componentが構成要素を指定する値の場合はその内容を返す。URLが無効か、$componentの値が無効な場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$componentが-1の場合に取得できる連想配列のキーと、それぞれの部分を取得する際に指定てきるPHPの定数は次の通りとなる。

キー意味対応する$componentの値
'scheme'スキーマ(例: 'http')PHP_URL_SCHEME
'host'ホストPHP_URL_HOST
'port'ポート番号(例: 80)PHP_URL_PORT
'user'ユーザ名PHP_URL_USER
'pass'パスワードPHP_URL_PASSE
'path'パスPHP_URL_PATH
'query'クエリー部(?以降の部分)PHP_URL_QUERY
'fragment'フラグメント部(#以降の部分)PHP_URL_FRAGMENT

パラメータ$urlが'//'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーは除外される。また'/'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーおよび'host'キーは除外される。

使用例

  • パラメータ$urlの構成要素を取得する。
    <?php $array = wp_parse_url( $url ); ?>
  • パラメータ$urlのパス部分を取得する。
    <?php $path = wp_parse_url( $url, PHP_URL_PATH ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

お勧めコンテンツ

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2016-12-14 14:28