wp_parse_url

(4.4.0以降)
wp_parse_url - URLをパースして構成要素を取得する

説明

mixed wp_parse_url( string $url [ , int $component = -1 ] )
URLをパースして構成要素を取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $component
    [4.7.0]取得する構成要素を指定(省略時は-1)。

返り値

パラメータ$componentが-1の場合はURLの構成要素を格納した連想配列を返す。$componentが構成要素を指定する値の場合はその内容を返す。URLが無効か、$componentの値が無効な場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$componentが-1の場合に取得できる連想配列のキーと、それぞれの部分を取得する際に指定てきるPHPの定数は次の通りとなる。

キー意味対応する$componentの値
'scheme'スキーマ(例: 'http')PHP_URL_SCHEME
'host'ホストPHP_URL_HOST
'port'ポート番号(例: 80)PHP_URL_PORT
'user'ユーザ名PHP_URL_USER
'pass'パスワードPHP_URL_PASSE
'path'パスPHP_URL_PATH
'query'クエリー部(?以降の部分)PHP_URL_QUERY
'fragment'フラグメント部(#以降の部分)PHP_URL_FRAGMENT

パラメータ$urlが'//'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーは除外される。また'/'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーおよび'host'キーは除外される。

使用例

  • パラメータ$urlの構成要素を取得する。
    <?php $array = wp_parse_url( $url ); ?>
  • パラメータ$urlのパス部分を取得する。
    <?php $path = wp_parse_url( $url, PHP_URL_PATH ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

最終更新日時 : 2016-12-14 14:28