wp_parse_url

(4.4.0以降)
wp_parse_url - URLをパースして構成要素を取得する

説明

mixed wp_parse_url( string $url [ , int $component = -1 ] )
URLをパースして構成要素を取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $component
    [4.7.0]取得する構成要素を指定(省略時は-1)。

返り値

パラメータ$componentが-1の場合はURLの構成要素を格納した連想配列を返す。$componentが構成要素を指定する値の場合はその内容を返す。URLが無効か、$componentの値が無効な場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$componentが-1の場合に取得できる連想配列のキーと、それぞれの部分を取得する際に指定てきるPHPの定数は次の通りとなる。

キー意味対応する$componentの値
'scheme'スキーマ(例: 'http')PHP_URL_SCHEME
'host'ホストPHP_URL_HOST
'port'ポート番号(例: 80)PHP_URL_PORT
'user'ユーザ名PHP_URL_USER
'pass'パスワードPHP_URL_PASSE
'path'パスPHP_URL_PATH
'query'クエリー部(?以降の部分)PHP_URL_QUERY
'fragment'フラグメント部(#以降の部分)PHP_URL_FRAGMENT

パラメータ$urlが'//'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーは除外される。また'/'で始まる場合は連想配列の'scheme'キーおよび'host'キーは除外される。

使用例

  • パラメータ$urlの構成要素を取得する。
    <?php $array = wp_parse_url( $url ); ?>
  • パラメータ$urlのパス部分を取得する。
    <?php $path = wp_parse_url( $url, PHP_URL_PATH ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

最終更新日時 : 2016-12-14 14:28