wp_password_change_notification

(2.7.0以降)
wp_password_change_notification - パスワードが変更したことを管理者に通知する

説明

void wp_password_change_notification( WP_User $user )
パスワードが変更したことを管理者に通知する。

パラメータ

  • $user
    ユーザ情報を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$userのメールアドレスがサイト管理者のメールアドレスと同じ場合、通知メールは送信されない。

[4.9.0]追加された'wp_password_change_notification_email'フィルターにより、プラグインなどによりメール内容が変更可能になった。このフィルターの第1パラメータの連想配列は次の内容となる。

キー内容
'to'サイト管理者のメールアドレス
'subject'メールタイトル(既定値は'[%s] Password Changed'を翻訳したもの)
'message'通知メールの文面(既定値は'Password changed for user: %s'の翻訳テキスト:'%s'はパスワードを変更したユーザのログイン名)
'headers'メールのヘッダー情報(既定値は'')

使用例

  • パスワードが変更したことを管理者に通知する。
    <?php wp_password_change_notification( $user ); ?>

フィルター

[4.9.0]通知メールを送信する前に'wp_password_change_notification_email'フィルターを呼び出す。パラメータ$wp_password_change_notification_emailにはメール内容を示す連想配列が、$userには本関数が受け取った内容が、$blognameにはデコード済みのブログ名が格納されている。
$wp_password_change_notification_email = apply_filters( 'wp_password_change_notification_email', $wp_password_change_notification_email, $user, $blogname );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

最終更新日時 : 2017-12-08 10:35