wp_playlist_scripts

(3.9.0以降)
wp_playlist_scripts - playlistショートコードのHTML向けのスクリプトを出力予約する

説明

void wp_playlist_scripts( string $type )
playlistショートコードのHTML向けのスクリプトを出力予約する。

パラメータ

  • $type
    メディアタイプとして'audio'または'video'を指定。

返り値

返り値はあいません。

注意

playlistショートコードの実態関数であるwp_playlist_shortcode関数が実行する'wp_playlist_scripts'アクションの実態関数であり、基本的には呼び出すことはないと思われる。

スタイルハンドル名'wp-mediaelement'とスクリプトハンドル名'wp-playlist'を出力用のキューに入れる。

使用例

  • 音楽向けのplaylistショートコードのHTML向けのスクリプトを出力予約する。
    <?php wp_playlist_scripts( 'audio' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2014-04-20 09:54