wp_playlist_scripts

(3.9.0以降)
wp_playlist_scripts - playlistショートコードのHTML向けのスクリプトを出力予約する

説明

void wp_playlist_scripts( string $type )
playlistショートコードのHTML向けのスクリプトを出力予約する。

パラメータ

  • $type
    メディアタイプとして'audio'または'video'を指定。

返り値

返り値はあいません。

注意

playlistショートコードの実態関数であるwp_playlist_shortcode関数が実行する'wp_playlist_scripts'アクションの実態関数であり、基本的には呼び出すことはないと思われる。

スタイルハンドル名'wp-mediaelement'とスクリプトハンドル名'wp-playlist'を出力用のキューに入れる。

使用例

  • 音楽向けのplaylistショートコードのHTML向けのスクリプトを出力予約する。
    <?php wp_playlist_scripts( 'audio' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2014-04-20 09:54