wp_playlist_shortcode

(3.9.0以降)
wp_playlist_shortcode - playlistショートコードの出力HTMLを生成する

説明

string wp_playlist_shortcode( array $attr )
playlistショートコードの出力HTMLを生成する。

パラメータ

  • $attr
    playlistショートコードのパラメータを連想配列で指定。
    属性名意味省略時の値
    'type'メディアタイプとして'audio'、'video'を指定'audio'
    'order'ソート順として'ASC'、'DESC'、'RAND'を指定'ASC'
    'orderby'ソート対象として'menu_order'、'ID'などの投稿情報プロパティ名か,それらの組み合わせを指定'menu_order ID'
    'id'親投稿ID(指定不可)
    'include'再生する投稿IDを指定''
    'exclude'再生しない投稿IDを指定''
    'style'スタイルとして'theme'、'light'、'dark'を指定'light'
    'tracklist'トラックリストを表示する場合はtrueを指定true
    'tracknumbers'トラック番号を表示する場合はtrueを指定true
    'images'画像を表示する場合はtrueを指定true
    'artists'アーティストを表示する場合はtrueを指定true
    'ids'添付ファイルIDを指定null

返り値

playlistショートコードの出力HTMLを返す。プレイ対象の添付ファイルが見つからない場合は''を返す。

注意

playlistショートコードの実態関数で、基本的には呼び出すことはないと思われる。

パラメータ$attr['include'](または$attr['ids'])が空の場合、呼び出し時のget_post関数で取得される投稿情報の添付ファイル(子投稿情報)が対象となる。

'post_playlist'フィルターを利用することで、playlistショートコードの出力をカスタマイズ(独自実装)できる。

使用例

  • 添付ファイルの投稿IDが125,126,130のplaylistショートコードの出力HTMLを生成する。
    <?php $output = wp_playlist_shortcode( array( 'ids'=>'125,126,130' ) ); ?>

フィルター

パラメータ$attrの解析前に'post_playlist'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputには''が、$attrには本関数の値となる。フィルター関数が''以外を返すとそれを本関数の戻り値として返すようになっている。
$output = apply_filters( 'post_playlist', $output, $attr );

アクション

初回呼び出し時のみ'wp_playlist_scripts'アクションを呼び出す。パラメータ$typeには'audio'または'video'が、$styleには'theme'、'light'、'dark'のいずれかとなる。
do_action( 'wp_playlist_scripts', $type, $style );

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2014-04-20 09:46