wp_raise_memory_limit

(4.6.0以降)
wp_raise_memory_limit - 最大メモリー使用量を増やす

説明

mixed wp_raise_memory_limit( [ string $context = 'admin' ] )
最大メモリー使用量を増やす。

パラメータ

  • $context
    コンテキスト('admin'、'image'または任意の名前)を指定(省略時は'admin')。

返り値

PHP設定のmemory_limit値を変更できない状態か、現在のmemory_limit値で-1(上限なし)の場合は、falseを返す。

注意

バージョン4.6.0で追加された関数で、標準では管理ページ(wp-admin以下のページ)を表示する際に呼び出している。従来のバージョンにおいて最大メモリー使用量をカスタマイズする場合、該当するページ内にadmin_memory_limitフィルターやimage_memory_limitフィルターが用意されており、それらを使用して行うことができた。バージョン4.6.0では関連ファイルで個別に記述されていた処理を一本化する形で本関数が用意されている。

管理ページ(wp-admin以下のページ)で最大メモリー使用量をカスタマイズしたい場合、この関数を呼び出すのではなく、関連するフィルター関数を登録して最大メモリー使用量を制御することになる。なお、すでにadmin_memory_limitフィルターやimage_memory_limitフィルターを使用している場合は特に変更する必要はない。

また管理ページを含む特定のページで最大メモリー使用量をカスタマイズしたい場合は、該当するフィルター関数を登録してページを表示する前段階で本関数を呼び出す。

【重要】各フィルター関数で変更する最大メモリー使用量の内容は、現在のmemory_limit値およびWP_MAX_MEMORY_LIMITの値(標準では256M)よりも大きくなければならない。

使用例

  • 特定ページ用のコンテキスト'private'で最大メモリー使用量を512Mに変更する。
    <?php
    // 最大メモリー使用量を変更したいページに以下を記述
    wp_raise_memory_limit( 'private' );
    
    // テーマのfunctions.phpやプラグインで以下を記述
    add_filter( 'private_memory_limit', 'mytheme_private_memory_limit' );
    
    function mytheme_private_memory_limit( $filtered_limit ) {
    	return '512M';
    }
    ?>

フィルター

[3.0.0]管理ページ全般の最大メモリー使用量を増やす場合は'admin_memory_limit'フィルターを呼び出す。パラメータ$filtered_limitにはWP_MAX_MEMORY_LIMITの値が格納されている。
$filtered_limit = apply_filters( 'admin_memory_limit', $filtered_limit );
[3.5.0]画像編集関連ページの最大メモリー使用量を増やす場合は'image_memory_limit'フィルターを呼び出す。パラメータ$filtered_limitにはWP_MAX_MEMORY_LIMITの値が格納されている。
$filtered_limit = apply_filters( 'image_memory_limit', $filtered_limit );
[4.6.0]任意のページの最大メモリー使用量を増やす場合は'{$context}_memory_limit'フィルター(例えば$contextが'private'の場合は'private_memory_limit')を呼び出す。パラメータ$filtered_limitにはWP_MAX_MEMORY_LIMITの値が格納されている。
$filtered_limit = apply_filters( "{$context}_memory_limit", $filtered_limit );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2016-08-17 15:20