wp_redirect

(1.5.1以降)
wp_redirect - 指定されたURLへリダイレクトする

説明

bool wp_redirect( string $locaution [ , int $status = 302 ] )
指定されたURLへリダイレクトする。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先URLを指定。
  • $size
    HTTPステータスを指定(省略時は302)。

返り値

$locautionのURLが無効の場合のみfalseを返す。

注意

リダイレクトはphpのheader関数を使用。IISの場合($is_IISがtrue)は"Refresh: 0;url=$locaution"を、それ以外は"Locatoin: $locaution"を使用する。

使用例

  • サイトトップへリダイレクトする。
    <?php wp_redirect( get_site_url(), 302 ); ?>

フィルター

最初にwp_redirectフィルターを実行する。$locaution$statusには本関数のパラメータの値が入る。
$locaution = apply_filters( 'wp_redirect', $locaution, $status );
wp_redirectフィルターの実行後、wp_redirect_statusフィルターを実行する。$statusには本関数の同名のパラメータが、$locautionにはwp_redirectフィルターの戻り値が入る。
$status = apply_filters( 'wp_redirect_status', $status, $locaution );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2012-04-24 22:14