wp_redirect

(1.5.1以降)
wp_redirect - 指定されたURLへリダイレクトする

説明

bool wp_redirect( string $locaution [ , int $status = 302 ] )
指定されたURLへリダイレクトする。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先URLを指定。
  • $size
    HTTPステータスを指定(省略時は302)。

返り値

$locautionのURLが無効の場合のみfalseを返す。

注意

リダイレクトはphpのheader関数を使用。IISの場合($is_IISがtrue)は"Refresh: 0;url=$locaution"を、それ以外は"Locatoin: $locaution"を使用する。

使用例

  • サイトトップへリダイレクトする。
    <?php wp_redirect( get_site_url(), 302 ); ?>

フィルター

最初にwp_redirectフィルターを実行する。$locaution$statusには本関数のパラメータの値が入る。
$locaution = apply_filters( 'wp_redirect', $locaution, $status );
wp_redirectフィルターの実行後、wp_redirect_statusフィルターを実行する。$statusには本関数の同名のパラメータが、$locautionにはwp_redirectフィルターの戻り値が入る。
$status = apply_filters( 'wp_redirect_status', $status, $locaution );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2012-04-24 22:14