wp_redirect

(1.5.1以降)
wp_redirect - 指定されたURLへリダイレクトする

説明

bool wp_redirect( string $locaution [ , int $status = 302 ] )
指定されたURLへリダイレクトする。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先URLを指定。
  • $size
    HTTPステータスを指定(省略時は302)。

返り値

$locautionのURLが無効の場合のみfalseを返す。

注意

リダイレクトはphpのheader関数を使用。IISの場合($is_IISがtrue)は"Refresh: 0;url=$locaution"を、それ以外は"Locatoin: $locaution"を使用する。

使用例

  • サイトトップへリダイレクトする。
    <?php wp_redirect( get_site_url(), 302 ); ?>

フィルター

最初にwp_redirectフィルターを実行する。$locaution$statusには本関数のパラメータの値が入る。
$locaution = apply_filters( 'wp_redirect', $locaution, $status );
wp_redirectフィルターの実行後、wp_redirect_statusフィルターを実行する。$statusには本関数の同名のパラメータが、$locautionにはwp_redirectフィルターの戻り値が入る。
$status = apply_filters( 'wp_redirect_status', $status, $locaution );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2012-04-24 22:14