wp_redirect

(1.5.1以降)
wp_redirect - 指定されたURLへリダイレクトする

説明

bool wp_redirect( string $locaution [ , int $status = 302 ] )
指定されたURLへリダイレクトする。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先URLを指定。
  • $size
    HTTPステータスを指定(省略時は302)。

返り値

$locautionのURLが無効の場合のみfalseを返す。

注意

リダイレクトはphpのheader関数を使用。IISの場合($is_IISがtrue)は"Refresh: 0;url=$locaution"を、それ以外は"Locatoin: $locaution"を使用する。

使用例

  • サイトトップへリダイレクトする。
    <?php wp_redirect( get_site_url(), 302 ); ?>

フィルター

最初にwp_redirectフィルターを実行する。$locaution$statusには本関数のパラメータの値が入る。
$locaution = apply_filters( 'wp_redirect', $locaution, $status );
wp_redirectフィルターの実行後、wp_redirect_statusフィルターを実行する。$statusには本関数の同名のパラメータが、$locautionにはwp_redirectフィルターの戻り値が入る。
$status = apply_filters( 'wp_redirect_status', $status, $locaution );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2012-04-24 22:14