wp_register

(1.5.0以降)
wp_register - ユーザ登録ページのリンクを表示する

説明

void wp_register( [ string $before = '<li>' [ , string $after = '</li>' ] ] )
閲覧者がログインしているかどうかを調べ、ログインしておらず、かつユーザー登録が可能になっていればユーザ登録ページのリンクを、ログイン済みならば管理者ページのリンクを表示する。

パラメータ

  • $before
    リンクを示すaタグの前に連結する文字列(省略時は'<li>')を指定。
  • $after
    リンクを示すaタグの後に連結する文字列(省略時は'</li>')を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

閲覧者がログインしておらず、かつユーザ登録が許可されていない場合は、何も表示されない。

使用例

  • ユーザ登録ページのリンクを表示する。
    <?php wp_register( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

最終更新日時 : 2009-12-17 15:38