wp_registration_url

(3.6.0以降)
wp_registration_url - ユーザー登録ページURLを取得する

説明

string wp_registration_url()
ユーザー登録ページURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ユーザー登録ページURLを返す。

注意

site_url関数を利用している。

使用例

  • ユーザー登録ページURLを取得する。
    <?php $url = wp_registration_url(); ?>

フィルター

ユーザー登録ページURLを返す直前に'register_url'フィルターが呼び出される。$urlにはユーザー登録ページURLが格納されている。
return apply_filters( 'register_url', $url );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • site_url - 現在のブログのサイトURLを取得する
  • wp_login_url - ログインURLを取得する

お勧めコンテンツ

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2013-08-03 18:42