wp_registration_url

(3.6.0以降)
wp_registration_url - ユーザー登録ページURLを取得する

説明

string wp_registration_url()
ユーザー登録ページURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ユーザー登録ページURLを返す。

注意

site_url関数を利用している。

使用例

  • ユーザー登録ページURLを取得する。
    <?php $url = wp_registration_url(); ?>

フィルター

ユーザー登録ページURLを返す直前に'register_url'フィルターが呼び出される。$urlにはユーザー登録ページURLが格納されている。
return apply_filters( 'register_url', $url );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • site_url - 現在のブログのサイトURLを取得する
  • wp_login_url - ログインURLを取得する

お勧めコンテンツ

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

最終更新日時 : 2013-08-03 18:42