wp_registration_url

(3.6.0以降)
wp_registration_url - ユーザー登録ページURLを取得する

説明

string wp_registration_url()
ユーザー登録ページURLを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ユーザー登録ページURLを返す。

注意

site_url関数を利用している。

使用例

  • ユーザー登録ページURLを取得する。
    <?php $url = wp_registration_url(); ?>

フィルター

ユーザー登録ページURLを返す直前に'register_url'フィルターが呼び出される。$urlにはユーザー登録ページURLが格納されている。
return apply_filters( 'register_url', $url );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • site_url - 現在のブログのサイトURLを取得する
  • wp_login_url - ログインURLを取得する

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

最終更新日時 : 2013-08-03 18:42