wp_remote_get

(2.7.0以降)
wp_remote_get - GETメソッドを送信する

説明

mixed wp_remote_get( string $url [ , array $args = array() ] )
GETメソッドを送信する。

パラメータ

  • $url
    リクエスト先URLを指定。
  • $args
    パラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。連想配列の要素は次の通り。
    キー名内容省略時の値
    'method'メソッド種別'GET'
    'timeout'タイムアウト秒数5
    'redirection'リダイレクト回数5
    'httpversion'HTTPバージョン'1.0'
    'user-agent'ユーザエージェント'WordPress/'.$wp_version.'; '.get_bloginfo( 'url' )
    'blocking'ブロッキング指定true
    'headers'ヘッダーarray()
    'cookies'クッキーarray()
    'body'ボディnull
    'compress'圧縮指定false
    'decompress'非圧縮指定true
    'sslverify'SSLベリファイ指定true
    'stream'ストリーム指定false
    'filename'ファイル情報null

返り値

リクエストを送信(レスポンスを取得)できた場合は連想配列を、送信に失敗した場合はWP_Errorオブジェクトを返す。連想配列は次の通り。
キー名内容
'headers'ヘッダー情報('server'、'date'、'content-type'などの連想配列)
'body'レスポンス本体(文字列)
'response'レスポンス情報('code'と'message'要素を持つ連想配列)
'cookies'クッキー情報(配列)
'filename'ファイル情報

注意

基本的にはwp_remote_request関数と同じ。
wp_remote_post関数と異なり、パラメータ$argsの'body'の値は展開されないので、パラメータ$urlに指定すること。

使用例

  • 'http://localhost/'にGETメソッドを送信する。
    <?php $response = wp_remote_post( 'http://localhost/' ); ?>
  • 'http://localhost/'にクエリを指定してGETメソッドを送信する。
    <?php
    $params = array( 's'=>'keyword' );
    $response = wp_remote_post( 'http://localhost/?'.build_query( $params ) );
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2017-05-23 16:20