wp_remote_post

(2.7.0以降)
wp_remote_post - POSTメソッドを送信する

説明

mixed wp_remote_post( string $url [ , array $args = array() ] )
POSTメソッドを送信する。

パラメータ

  • $url
    リクエスト先URLを指定。
  • $args
    パラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。連想配列の要素は次の通り。
    キー名内容省略時の値
    'method'メソッド種別'POST'
    'timeout'タイムアウト秒数5
    'redirection'リダイレクト回数5
    'httpversion'HTTPバージョン'1.0'
    'user-agent'ユーザエージェント'WordPress/'.$wp_version.'; '.get_bloginfo( 'url' )
    'blocking'ブロッキング指定true
    'headers'ヘッダーarray()
    'cookies'クッキーarray()
    'body'ボディ(クエリパラメータ)null
    'compress'圧縮指定false
    'decompress'非圧縮指定true
    'sslverify'SSLベリファイ指定true
    'stream'ストリーム指定false
    'filename'ファイル情報null

返り値

リクエストを送信(レスポンスを取得)できた場合は連想配列を、送信に失敗した場合はWP_Errorオブジェクトを返す。連想配列は次の通り。
キー名内容
'headers'ヘッダー情報('server'、'date'、'content-type'などの連想配列)
'body'レスポンス本体(文字列)
'response'レスポンス情報('code'と'message'要素を持つ連想配列)
'cookies'クッキー情報(配列)
'filename'ファイル情報

注意

基本的にはwp_remote_request関数と同じだが、パラメータ$argsの'method'を省略した場合は'POST'が適用される点が異なる。
POST送信するクエリは、パラメータ$argsの'body'の値として連想配列(またはオブジェクト)で指定する。
※このクエリの展開は、'method'値が'POST'か'PUT'の場合のみ行われる。

使用例

  • 'http://localhost/'にPOSTメソッドを送信する。
    <?php
    $options = array( 'body' => array( 'query_name'=>'query_value' ) );
    $response = wp_remote_post( 'http://localhost/', $options );
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2017-05-23 16:20